20代おすすめ転職エージェント

第二新卒エージェントneoはぶっちゃけ利用すべき?評判・口コミから徹底検証!

第二新卒エージェントneoを利用するなら、登録前に評判や口コミを確認しておきたいですよね。  

 

『実際、第二新卒エージェントneoのって実際どうなの?』

『本当に登録すべきか迷う。まずは評判や口コミが気になる』

 

  いい転職をするためには、疑問や悩みなど解消してからの方が安心ですよね。

 

  本記事では、20代で転職した経験と、実際に「第二新卒エージェントneo」を利用した感想などもとに徹底解説いたします。  

本記事を読むメリット

  • 第二新卒エージェントneoのリアルな評判が分かる
  • 第二新卒エージェントneoの強みや特徴からどんな人におすすめなのか。
  • 第二新卒エージェントneoの活用方法が知ることができる

 このように、第二新卒エージェントneoの評判からメリットデメリットを解説して、どんな人がおすすめなのか知ることができます。

 

また、第二新卒エージェントneoを上手く活用する方法も併せて説明します。

 

最後には、「20代に強いおすすめの転職エージェント」をご紹介しますので是非参考にしてください。

 

第二新卒エージェントneoは利用した方がいい

※第二新卒エージェントneo公式サイトの動画です。

 

第二新卒エージェントneo
公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

第二新卒エージェントneoを利用すべきかどうしようか悩んでいる方は、一度話を聞いてみることをおすすめします。

 

そこで、評判・口コミを紹介する前にどんな人におすすめなのか見ていきます。

 

おすすめな人

新卒で3年以内の離職の方

派遣社員や契約社員

フリータ―など非正規雇用の方

社会人経験のない20代 既卒

第二新卒の方 スキルに自信がない方 自信がなく、他社で求人紹介を拒否された方 ブランクがある方

 

上記に当てはまる方はぜひ、第二新卒エージェントneoに相談すべきです。  

 

 

 

第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミ

ここでは、第二新卒エージェントneoを実際に利用した人の評判や口コミをご紹介します。  

 

「就職相談しやすさNo,1」となっても、実際に、本当に利用者が満足しているのかも確認しておきたいですよね・・・。  

 

そこで、ここからは実際に私が利用した経験も踏まえながら、まず最初に第二新卒エージェントneoの悪い評判・口コミについて紹介していきます。

 

悪い評判・口コミ

  • 大手の求人数にはおとる。
  • エージェントの対応がイマイチだった。
  この、大きくこの2点が上げられましたので順番に見ていきます。  

 

大手の求人数より少ない

出所:BEST WORK

 

 

転職・派遣に関する口コミ・評判情報サイト『BEST WORK』によると非公開求人の数に疑問の声がありました。

 

求人数

第二新卒エージェント求人数 12,000件 大手エージェント求人数 100,000件以上

 

20代専門に特化して支援していることで、第二新卒やフリーターなど向けの求人が多くどうしても大手の転職エージェントに比較すると求人数が少ないのです。  

 

第二新卒エージェントneoは、首都圏など関東の求人に偏っている傾向があるのが理由の一つと言えます。  

 

求人をたくさんみて選択肢を増やしたいという方には、向かないかもしれません。  

 

エージェントの対応がイマイチだった

出所:BEST WORK

 

エージェントの担当者が強引な進め方に疑問を抱く口コミでしたが、やはり、担当の良しあしがあるみたいですね。

 

もし、相性が悪かったり、進め方に違和感を感じたら、気を付けましょう。時には担当者の変更を申し出ることも一つの手。

 

しかし、どの転職エージェントを利用しても、相性や担当の質が悪い人にあたる可能性もあり得ることです。

 

自分で調査をしながら効率のいい方法を見つけていきましょう。

 

第二新卒エージェントneoの良い評判・口コミ

 

さて、第二新卒エージェントneoの良い評判・口コミについてみていきたいと思います。

 

  • 手厚いサポートがある
  • 親身になって近い距離間で話してくれる。

 

順番に解説していきます。

 

手厚いサポートがある

 

一つ目に、第二新卒エージェントneoは、手厚いサポートがあるところです。

 

・書き方のエントリーシートや

・SNSの情報収集の仕方など

・面接対策

・仕事内容の説明

 

このように、様々な視点でサポートしてくれます。

 

最初のヒアリングから、面接サポートまでがっちりフォロー体制が整っている点。

 

対策がとてもしっかりしていて、アドバイスしていただいた通りにできました。あと、とてもスピーディーで正確でした。

 

就職先の相談、仕事内容を詳しく説明してもらえたところです。

 

まず、自分の近況や経歴の話をして、すぐに自分にあった企業の提案や面接の取り付けをしてもらえたことがとても良かったです。面接当日も面接の練習をしてから企業へ向かえたので面接で上手に対応できました。

 

近い距離で親身になって話してくれる。

 

2つ目に、第二新卒エージェントneoは、親身になって近い距離で話してくれるところです。

 

・気持ちを理解しようと寄り添ってくれる。

・求職者側の悩みや不安を解消しようとしてくれる

 

求職者側の不安な気持ちを理解するところから始めてくれるのは、安心しますよね。

 

転職活動する上で、信頼できるし心強い。

 

第二新卒エージェントneoとは?

写真:第二新卒エージェントneo

 

第二新卒エージェントneo
公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

第二新卒エージェントneoとは

第二新卒・フリーター・既卒者に特化した20代専門の転職エージェント。 キャリアアドバイザーによる個別の就職、転職の相談から正社員求人のご紹介など、総合的にサポートする転職エージェント会社です。

 

第二新卒エージェントneoのイメージ調査において「就職、転職相談しやすさNo,1」「面接の対策満足度No,1」「就職、転職満足度No,1」を獲得しています。  

 

調査会社も日本マーケティング機構が行っているものなので非常に評判のいいサービスなのがわかります。  

 

下記は、実際のサイトの写真です。

写真:第二新卒エージェントneo

 

第二新卒の基本的な情報を見ていきましょう。  

 

第二新卒エージェントneoの基本情報

第二新卒エージェントneo基本情報

【会社名】株式会社ネオキャリア
【本社所在地】〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル2階
【面接ができる拠点】東京本社・大阪本社・名古屋支社・福岡支社※電話面談も可能
【求人数】169件(2020年5月現在)※非公開求人を除く
【非公開求人】約10,000社。未経験から挑戦できる求人も5,000社以上
【転職成功実績】22,500人
【月間登録者数】約2,000名
【サービス利用料金】全て無料
【対象年齢】29歳以下
【求人対象エリア】全国・海外
【公式サイト】https://www.daini-agent.jp/

 

第二新卒エージェントneoの強みと特徴って?

写真:第二新卒エージェントneo

 

では、第二新卒の強みやサービスの特徴はどんなところにあるのでしょうか。  

 

それぞれ、まとめました。  

 

サービス特徴

・ユーザー属性

・低い離職率

 

強み

・エージェント社員が、第二新卒の経験者

・書類添削や面接対策などフォロー手厚い

・ブラック求人を排除して質のいい求人を紹介

 

第二新卒エージェントneoのユーザー属性

出所:ネオキャリア採用支援サービスポータルサイト

 

男女比は、半々といったところですが、経験年数のデータに注目です。  

 

第二新卒エージェントneoの利用者は、約7割が社会人経験1年未満の求職者なのです。  

 

さらに、全くの社会人経験がない方が全体で42%で就職未経験の方でも安心して利用できる転職エージェントなのがわかります。  

 

転職マッチング率の高さ

出所:ネオキャリア採用支援サービスポータルサイト

 

次に低い離職率からわかる採用マッチング率の高さです。

 

第二新卒エージェントneo内定者の退職率のデータですが、3年以内の離職は8.0%。

 

いつの時代でも、新入社員は3年で3割辞めると言われるなかで、この離職率は脅威的です。

 

このデータから求職者と企業側の高いマッチング率が考えることができます。  

 

登録はこちら

第二新卒エージェントneo
公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

エージェント社員が、第二新卒の経験者

写真:第二新卒エージェントneo

 

実は、運営会社であるネオキャリアの正社員は、第二新卒者が9割なんです。

 

20代の社員が多く在籍している為、同じ年代で話しやすい雰囲気があります。

 

つまり、プロの転職エージェントも第二新卒という立場を経験してることもあって、求職者の気持ちを理解してくれる。

 

25才男性

いくつかエージェントは登録したのですが、エージェントネオは厳しい面やデメリットも正直に話してくれたので信用できました。同じ20代だったので気兼ねなく話もできたし、職務経歴書や面接など具体的なテクニックを教えてもらいました。引用:転職のハナシ

 

相談役となる第二新卒・20代といわれる専門だけあって、他の転職エージェントにはない近い立場でアドバイスできるのは強みだと言えます。  

 

書類添削や面接対策などフォロー手厚い

写真:第二新卒エージェントneo

 

第二新卒エージェントneoは、フォローが手厚いです。

 

なぜなら、書類添削や面接対策、入社後のフォローも行っているから。(※希望制)

 

具体的なフォロー

・履歴書や職務経歴書の魅力的にする添削

・面接時のアピールポイントの言い回し

・転職理由やブランク理由の整理と伝え方

・内定後に入社前のビジネスマナー講座

 

繰り返しになりますが一人の求職者にかけるサポートの時間は平均8時間です。

 

何よりも、面接後にフィードバックしてくれて、次に生かせるのがいいところ。

 

 企業からの生の感想を聞き出してくれるので、万が一不合格になった場合も次に向けて改善ができるんです。

 

最短10日で内定を獲得した先輩もいるので、担当エージェントの的確なサポートこそが強みなのでしょう。

 

登録はこちら

第二新卒エージェントneo
公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

ブラック求人を排除して質のいい求人を紹介

写真:neoCareerGroupサイト

 第二新卒エージェントは、独自の審査基準でホワイト求人を扱っています。

 

 では、排除の対象となるブラックと言われる企業はどんな会社なのか。

ブラック企業の主な特徴

給与水準が少ない。

休みがない。

長時間労働(拘束時間が長い)

サービス残業が多い。

社会保険が完備されていない。

研修や教育がなく、仕事を教えてくれない。

 

第二新卒エージェントneoの社員が実際に企業側に調査しに行き、職場の雰囲気や、企業側との密に話し合いによって判断します。

 

すなわち、これによって少しでも疑問や問題があれば、その企業を紹介求人リストから外してくれるのです。  

 

【求人数】

169件(2020年5月現在)

※非公開求人を除く

【非公開求人】

約10,000社。

未経験から挑戦できる求人も5,000社以上

 

大手エージェントには劣りますが、第二新卒に特化した求人としては幅広いため、20代にとっては魅力的です。

 

未経験でもOKな求人も5,000件以上保有している為、高卒や既卒、フリーターや社会人経験がない人であってもチャンスが広がりやすいと言えるのではないでしょうか。

 

 ただ年収500万以上クラスのハイレベルな外資系の企業、大手有名企業といったところまでは多くなさそうです。

 

登録はこちら

第二新卒エージェントneo
公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

 

 

第二新卒エージェントneoと他のエージェントとの比較

 

第二新卒や若年層に特化した未経験者向けの転職エージェントは、いくつかありますのでご紹介します。  

 

※スクロールできます

エージェント会社求人規模主な特徴

第二新卒エージェントneo

 約10,000社■社員が第二新卒経験者で距離が近い
■サポートにかける時間は平均8時間
■第二新卒・20代専門媒体
ウズキャリ(UZUZ)

 1,500社■オーダーメイド型の就活サポート
■20代に特化した専門媒体
■社員が第二新卒・既卒者
Reフレッシュ転職

 保有求人数3,000件■未経験OK、学歴不問求人のみ
■転職された方で最大5万円プレゼント
■弁護士による退職代行サービスあり
就職Shop

 8,500社■求人の全てが書類選考なしで面接
■全て未経験者歓迎求人を保有
■求人は未経験者が対象
DYM就職

 2,000社■求人の全てが書類選考なしで面接
■第二新卒・既卒・フリーターの就職に強い
■2人3脚で内定後までフォロー

ハタラクティブ

保有求人数2,300件■20代のフリーター・既卒・第二新卒者向け
■専任のアドバイザーのマンツーマン支援
■内定率80.4%

※横にスクロールできます

 

第二新卒エージェントneoのおすすめの活用法

写真:第二新卒エージェントneo

 

ここでは、第二新卒エージェントneoのおすすめの活用法について説明します。

 

それは、転職エージェントは、最低でも2社は登録しておくことがおすすめです。

 

求人数が多ければ多いほどマッチング度が高まります。

 

その為、20代に特化したエージェント以外にも大手のエージェントを1社利用するのがおすすめです。

 

大手のエージェントは求人案件をデータベース化しており膨大な求人数を保有しています。  

 

その為、転職エージェントは、最低でも2社は登録しておくことがおすすめです。  

 

転職エージェントには相性がある

 

転職エージェントには、相性があります。

エージェントによっては、質が良かったり悪かったりするため。

・考え方の異なるタイプ

・話す感じから自分との相性が悪い

これらの理由からスムーズに転職活動ができない要因になったりします。

 

下記のデータがあります。

Q転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?

出所:リクナビNEXT

 

転職活動を経験した人にアンケートをしたところ、転職サイト・エージェントの社数を尋ねたところ、一番多かったのは、「2社」で約3割!

 

キャリアアップしてきた人には、専門型の転職エージェントに加え、総合型の大手転職エージェントに少なくとも1社登録しているのです。

 

しっかり、自分のキャリアの選択肢を増やすためにも、求人数の多い大手の転職エージェントの登録もおすすめ。

 

参考までに、大手総合型エージェントである『リクナビエージェント』と『dodaエージェント』を紹介します。

 

マイナビエージェント
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

dodaエージェント
【公式サイト】https://doda.jp

パソナキャリア
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

-20代おすすめ転職エージェント

© 2020 そらキャリア