20代おすすめ転職エージェント

dodaは既卒者におすすめしない理由とは?職歴なしの就職方法も紹介

 

『職歴がない既卒生だけど、有名なdodaの転職エージェントって利用できるのかな?』

 

このように、「既卒生」dodaを利用するときが不安に思うことがあるのではないでしょうか。

 

本記事では、その疑問に対して詳しく説明して、おすすめの就職方法をご紹介します。

 

このページを読み終えれば、既卒生の効率のいい転職活動が分かりますのでぜひ参考にしてください。

 

dodaは既卒者におすすめしない理由

※doda子 CM

 

結論からお話すると既卒者には、dodaはおすすめしません。

 

なぜ、おすすめできないのか詳しく解説します。

 

パーソルホールディングスが運営するサービス「doda」には、3つの区分けがができます。

 

dodaのサービス3つ

  • doda
    (求人情報サイト)
  • dodaエージェント
    (中途向け転職エージェント)
  • doda新卒エージェント
    (新卒向け就職エージェント)

 

上記の3つのサービスに分けられます。

 

dodaエージェントは既卒者にはおすすめしない

写真:dodaエージェント

dodaエージェント
公式サイト:https://doda.jp/

dodaエージェントは、中途者向けの求人紹介サービス。

求人案件数が業界最大手のリクルートエージェントに次いで業界2位の転職エージェントです。

 

dodaエージェントが既卒者におすすめしないです。

 

その理由は、doda公式サイトの「ヘルプページ」に記載されています。

写真:doda

 

正社員としての就業経験がないと、サービスは利用できませんか?

サービスのご利用は可能です。なお、正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験をお持ちではない場合や学生・アルバイトご経験のみの場合、サポートが難しい場合があります。

 

この文面からわかること

  • 既卒者、フリーター、学生、無職のニートの登録は可能。
  • 求人紹介できる数が限られるため十分なサポートを受けることができない可能性がある。

 

したがって、アルバイトや社員経験がない既卒生などは、転職エージェントを上手く活用できない可能性が高いということになります。

 

dodaエージェントを利用するのは問題ありませんが、あくまで中途向けの転職エージェントということもあり相性が悪いのでおすすめできないのです。

 

関連記事
リクルートエージェントが気になる方はコチラ
既卒はリクルートエージェントを使うな!その理由と3つの就活方法

 

doda(求人サイト)を利用するなら「既卒」検索するべし

 

転職・求人情報サイト「doda」を既卒者が利用することはできます。

 

つまり、求人を紹介してくれる転職エージェントとは違ってdodaの求人サイトは、自分自身で検索して掲載求人を探します。

 

既卒ワードを含む求人数を調査しました

【フリーワードで「既卒」と検索】

→公開求人「 57,089件」のうち

既卒ワードが含まれる求人「171件」という検索結果となる。

 

※6月1日更新

 

上記のように、既卒歓迎の求人を中心に応募していった方が良さそうです。

 

doda新卒エージェント

 

doda新卒エージェントは既卒者も利用ができます。

 

なぜなら、公式サイトに既卒未就業者向けのサービスとも記載があるからです。

 

 

学校等を卒業後3年以内で、まだお仕事に就いていない方向けのサービスです。

 

 

 

しかし、実際は難しい現状があります。

 

新卒者向けの求人が多く、新卒者に特化してサポートしています。

企業側の考えとして新卒者を好む傾向があるのです。

 

その為、募集枠に既卒者OKでも限られた採用枠の場合、若いキャリアが優先されて採用がされにくいことも。

 

このような影響が受けやすいため、あまりおすすめできないのです。

 

dodaよりも既卒に強いエージェントを選ぼう

 

では、正社員経験がない既卒者は、どのように就職活動をするのがいいのでしょうか。

 

大手の総合型dodaを登録するよりも、既卒に強い特化型の転職エージェントを選びましょう。

 

最近では、20代に強い転職エージェントやIT専門型の転職エージェントなど業界に存在します。

 

特化型のメリット

  • エージェントの年齢が若く近い距離感で相談できる
  • 紹介求人の9割が、未経験者歓迎や学歴不問の求人になる
  • 企業側が既卒を採用ターゲットとしてるので採用率が高い
  • 20代専門のエージェントはサポートが手厚い

 

そこで、既卒者におすすめの転職エージェントの紹介します。

エージェント会社求人規模主な特徴
第二新卒エージェントneo

 約10,000社■社員が第二新卒経験者で距離が近い

■サポートにかける時間は平均8時間

■第二新卒・20代専門媒体

ウズキャリ(UZUZ)

 1,500社■オーダーメイド型の就活サポート

■20代に特化した専門媒体

■社員が第二新卒・既卒者

Reフレッシュ転職

 保有求人数3,000件 ■未経験OK、学歴不問求人のみ

■転職された方で最大5万円プレゼント

■弁護士による退職代行サービスあり

就職Shop

 8,500社■求人の全てが書類選考なしで面接

■全て未経験者歓迎求人を保有

■求人は未経験者が対象

DYM就職

 2,000社 ■求人の全てが書類選考なしで面接

■第二新卒・既卒・フリーターの就職に強い

■2人3脚で内定後までフォロー

ハタラクティブ

保有求人数2,300件 ■20代のフリーター・既卒・第二新卒者向け

■専任のアドバイザーのマンツーマン支援

■内定率80.4%

 

この中で、特に既卒の人におすすめなのは、下記の3つです。

既卒の方におすすめ3選

  • 「ウズキャリ」
    第二新卒・既卒者の専門型エージェント。社員が9割第二新卒、既卒経験者
  • 「DYM就職」
    求人の全てが書類選考なし。2人3脚で内定するまで支援してくれる
  • 「就職Shop」
    20代フリーター・既卒者向け。書類選考がなく直接合うことがモット―

 

このような20代や既卒に特化したエージェントを利用することによって、正社員になれる可能性はかなり高いです。

 

第二新卒や既卒の人には、経歴やスキルを重視せずに「ポテンシャルを重視する」傾向があるのです。

 

どのエージェントがいいか迷った場合は、無料なので2~3つ登録をして最終的に1社に絞るのがおすすめ。

 

なぜなら

各エージェントの相性や求人の中身を見て、自分の可能性を広げながら、効率のいい就職活動ができるからです。

スケジュール面でも管理しやすい。

 

dodaは既卒者におすすめしない理由 まとめ

 

  • 既卒者、フリーター、学生、無職のニートの登録は可能。
  • 求人紹介できる数が限られるため十分なサポートを受けることができない可能性がある。
  • doda新卒エージェントでは、若いキャリアが優先されて採用がされにくいことも。

 

既卒の方におすすめ3選

  • 「ウズキャリ」
    第二新卒・既卒者の専門型エージェント。社員が9割第二新卒、既卒経験者
  • 「DYM就職」
    求人の全てが書類選考なし。2人3脚で内定するまで支援してくれる
  • 「就職Shop」
    20代フリーター・既卒者向け。書類選考がなく直接合うことがモット―

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

 

-20代おすすめ転職エージェント

© 2020 そらキャリア