退職・仕事の悩み

働くのが怖いのは30代になる前が問題?原因と対策を紹介。

  • 読者の悩み

「”働くのが怖い”と感じてしまってなかなか就職できない。」

「働くことが怖いと思うのは自分だけ?」

 

このような不安や疑問にお答えします。

 

この記事で分かること

  • ぶっちゃけ働くのが怖いと思う30代は実は多い話
  • 30代で働くのが怖いと感じる原因3つ
  • 働くのが怖くなくなる3Step
  • 怖いと感じるときの4つの対策法

筆者の経歴

  • 人材業界5年。
    「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
  • 3回の転職を経験
    あらゆる転職サイト&転職エージェントを活用して現在は、納得のできるキャリアを築いています。

 

私自身、30代になり働くのが怖いと感じるときがあります。

 

なぜ、働くが怖いのか解説していきます。

 

働くことが怖いと思う30代はたくさんいる

 

実は、働くのが怖いと感じている人は、世の中にたくさんいます。

 

特に一番多い属性が、フリーター経験やニート期間が長かった人はその傾向が強いです。

 

いわゆる、非正規雇用者の人ほど、働くのが怖いと感じやすいということ。

 

出所:内閣府

 

こちらののグラフは、内閣府が出しているの「非正規雇用比率、若年層のフリーター、ニートの推移」を表したもの。

 

雇用者数の約3人に1人が非正規者なのです。

 

また、私が、人事の仕事をしていた時に30代フリーターの方を面接しました。

 

その時になぜ、フリーターなのか聞いたところ「正社員として働くのが怖くてずるずるときた」という理由でした。

 

上記のデータの通り、25~34歳の非正規雇用者の割合が増えているのは、さまざまな要因があるにせよ「働くのが怖い」という人が一定数いるのではないかと推測しています。

 

そのため、働くことが怖いと思う30代はたくさんいるのではないでしょうか。

 

働くのが怖い人は30歳になる前の過去が要因

 

働くのが怖い要因として、10代、20代の過去に経験した出来事が多いはずです。

 

30代になった今、過去を思い返してみてください。

 

  • 「給与未払いのブラック企業に勤務。」
  • 「パワハラやいじめを受けていた。」
  • 「就職したが職場になじめなかった。」
  • 「就活がうまく行かなかった。」・・・

 

仮に、このような経験した人が「働くのが怖い」と感じてしまう気持ちが私にもよくわかります。

 

上記ような経験をした人は、「働く=怖い」というインプリンティング(刷り込み)が強いのです。

 

インプリンティングとは

刷り込みともいわれ、特定の物事がごく短時間で覚え込まれてしまい、それが長時間持続する学習現象のこと。

仮に、職場やトラウマ的なことが起こった時にほんの一瞬でその記憶が成立する。

しかも、その記憶がその後にも引き続いて長時間にわたって持ち越されてしまう一種の本能行動なのです。

 

私も、20代の頃にサービス残業がひどいブラック企業に勤めていた経験がありました。

 

その頃、一時期、正社員として働くのが怖かったのを覚えています。

 

まとめると、過去に”苦い経験”や”苦しいトラウマ”のような出来事が要因となっているのです。

 

30代で働くのが怖いと感じる3つの原因

 

ここで、働くのが怖いと感じる3つの原因を解説します。

 

働くのが怖い原因3つ

  • ”人間関係”がうまく行かず怖い
  • ブラックな”労働環境”で働くのが怖い
  • ”自分自身”が原因で怖い

 

順番に解説していきます。

 

人間関係がうまく行かず怖い

 

まず、一つ目に人間関係が原因で働くのが怖いという原因です。

 

人間関係

  • ひどく怒られた原因がある
  • 職場でパワハラやいじめを受けていた

 

このように、人間関係が影響して疲れてしまった結果、働くことが怖くなってしまいます。

 

ひどく怒られた原因がある

 

30代になる前に、仕事がうまく行かなかったり、大きなミスをして上司や同僚に”ひどく怒られた経験”が、働くことに対して「恐怖感」を抱いているかもしれません。

 

また、仕事がうまくいかない結果、職場の人から冷ややかな目で見られてしまうのが怖いという人も。

 

辛い経験が心に記憶されて、「また、同じことが起こてしまうかも・・・。」ということから働くのが怖いと思ってしまうのです。

 

特に、周囲から怒られた後に周りからフォローがない環境で働いていた場合、仕事のミスがトラウマとなっているケースが多いのです。

 

職場でパワハラやいじめを受けていた

 

職場の人間関係が原因で、会社を辞めてしまった人は少なくありません。

 

「一回しか言わないから覚えろなど詰められた。」

「同僚や上司から無視されたりいじめを受けていた。」

「ひどい陰口に悩まされていた。」

「上司から理不尽に詰められてパワハラを受けた。」

「仕事での周りの手助けが全くない。」

 

最終的に上記のようなことが原因で、非正規雇用のフリーターや無職のままの人が世の中に多くいます。

 

つまり一度、10代、20代で人間関係の問題を経験してしまうと、働くのが怖いと思ってしまうのです。

 

ブラックな労働環境で働くのが怖い

 

続いて、二つ目に「ブラック企業のようなひどい労働環境」で仕事していた体験から働くのが怖いと思ってしまうケースです。

 

労働環境

  • 休日がなく残業時間や拘束時間が長い
  • ノルマが厳しい

 

過酷な労働環境は、メンタル面もやられます。

 

最後はうつ病など、精神科に相談することになるおそれがあるため、注意が必要です。

 

休日がなく残業時間や拘束時間が長い

 

休日出勤があったり無駄な残業が多いのがブラック企業の特徴。

 

他にも、ブラック企業の要素はたくさんありますが、あなたが一番知っていると思うので詳しくは言いません。

 

ブラック企業に就職するのが怖いから何もできない30代は結構います。

 

世の中にはワークライフバランスという言葉があるように、仕事とプライベートを両立したいのに、拘束時間が長いとプライベートの時間が奪われてしまいます。

 

そのため、就職先や転職先が「次も、ブラック企業だったらどうしよう・・・」と働くことに対して恐怖を感じてしまうのです。

 

仕事が激務

 

シンプルに仕事量が多くて、働くことへの恐怖心が生まれます。

 

仕事がオーバーワークだと頭が混乱して逃げ出したくなった経験はありませんか。

 

昔、私の同僚は、職場近くまで来た途端に呼吸がしづらくなったり、気持ち悪くなるということがありましたが、精神よりも先に身体に反応が出てしまったこのケースは、ひどくなると、うつ病を発症したりもします。

 

他にも、仕事の責任の重さがプレッシャーとなり、働くのが怖いと感じるという人もいます。

 

”自分自身”が原因で怖い

 

最後の3つ目は、自分自身が原因で働くのが怖くなってしまっているというケースです。

 

自分自身

  • ニート期間が長くブランクがある
  • 力不足やうつ病などの経験から自身がない

 

上記が、働くのが怖い要因の代表的な2つです。

 

ニート期間が長くブランクがある。

 

ニート期間が長いほど、仕事をしていない為、働くことが怖くなってしまうこともあります。

 

ブランクが長いほど、就職活動すら自信もって望めなくなり、結果的にさらに長期化するという悪循環になってしまうという人は多いです。

 

また、30代までフリーターで正社員として働いたことがない方にとっては、かなりハードルが高くなります。

 

違いは、「責任の重さ」。

 

この責任の重さが働くへの怖さに繋がってしまうのです。

 

 

力不足やうつ病などの経験から自身がない

 

うつ病などの精神疾患が原因で、働くのが怖くなるという場合もあります。

 

このようなケースは、自分に自信が持てなったりします。

 

また、働けばいつか心の病気が再発したりという不安から”怖い”が生まれているのです。

 

他にも、単純に自分自身の能力不足から自身喪失してしまっているケースも少なくありません。

 

このようなことから、働くのが怖いと感じてしまうのです。

 

働くことが怖くなくなる3Step

 

怖さを克服するための簡単な3Stepをご紹介します。

 

克服する3ステップ

step
1
具体的にどんなことが怖いか紙に書き出してみる

step
2
怖いことや不安を入社前に事前にリサーチする

step
3
就職先のの良いところや楽しい点を聞く

 

Step①
具体的にどんなことが怖いか紙に書き出してみる

 

具体的に、どんなことが怖いのか紙に書き出すのがおすすめです。

 

紙に書き出すことで、気持ちが整理されて少し楽になるから。

 

ココでのポイントは、漠然とした怖さではなく、「具体的に何が」怖いのか考えましょう。

 

仮に、2つ怖い理由があったとします。

①「30代でフリーターしてて今さら正社員で働くのが怖い。」

②「ミスをしたら冷ややかな目で見られる職場が怖い。」

この2つのは、怖い問題の種類が違います。

 

①は、長年フリーターという「ブランクから一歩踏み出せない」”自分自身”の問題ですが、

②は、「職場の雰囲気や他人への怖さ」。つまり、”人間関係”の問題を感じています。

 

怖さの問題によって、対応策も少しづつ見えてくるので、働くのが怖い人ほど、どんなことが怖いのか考えるのがStep①です。

 

Step②
怖いことや不安を入社前に事前にリサーチする

 

Step①では、怖い原因をさぐりました。

 

あなたの中で怖い原因が見えてきたら、就職先でその問題が発生するか調べてみましょう。

 

職場の雰囲気や人付き合いが怖いなら、採用担当者にお願いして、「実際に仕事風景を見学」させてもらったり、「先輩社員に話を聞く」時間を作ってみたり、聞いたりするのがおすすめです。

 

働くことに対して怖い人ほど、確認をせずに就職して失敗する傾向があります。

 

聞きにくいことも、質問してみたら、ぶっちゃけ答えてくれます。

 

なぜなら、互いにとってマイナスだから。

 

後々、ミスマッチだった時に辞められてしまえば企業にとっても採用のコストもかかっている訳なのでおおきな損失になります。

 

このようなことが起きないように、聞いてみましょう。聞いてすっきりすれば安心できますし、気楽になれます

 

Step③
就職先の良いところや楽しい点を聞く

 

Step②の延長だと考えれば、簡単です。

 

怖い原因を解消出来たら、次は、就職先の楽しいところなど聞いてみましょう。

 

繰り返しになりますが、実際に職場見学をお願いしたり、先輩社員と話す機会を作ってみること。

 

「会社にいて楽しい出来事は?」

「この会社で長く働いている理由は?」など

 

人それぞれ楽しいの考え方や基準は違いますが、あなたにとって「楽しく働けそうか」という軸で聞いてみましょう。

 

それでも働くのが怖いと感じる時の対策

 

③Stepをやってみたけど、「やっぱりまだ、働くのが怖い」という人の対策方法を紹介します。

 

働くのが怖いと感じる時の対策

  • 人と関わらない仕事に就く
  • うつ病や精神的なことなら就労移行支援に行く
  • ブラック企業に勤務・ブランクがあるなら転職エージェントに登録
  • 働いて怖かったら仕事を辞めればいいと考えよう。

 

怖さの問題によって4つの対策を紹介します。

 

人と関わらない仕事に就く

 

人付き合いに抵抗があって怖いなら、人と会わない選択もあります。

 

”人と関わらない仕事”と”人と関わるのが少ない仕事”をいくつかご紹介します。

 

人と関わらない仕事

  • Webライター
  • プログラマー
  • データ入力
  • 日本語、外国語の翻訳
  • 動画作成、編集加工

 

少し、語学やITスキルが必要なので難易度は高めです。

 

人との関りが少ない仕事

  • 新聞配達
  • 警備員
  • トラック運転手
  • 工場作業員
  • ビルメンテナンス
  • ガスや水道メーターの検針業務

 

上記のような仕事は人と関わるのが最小限の職種です。

 

人間関係が原因なら無理せずに一人で仕事するような業界にいきましょう。

 

求人を探すならリクナビNEXT

人と関わることが少ない仕事を探すなら転職者の8割が利用しているリクナビNEXTがおすすめ。

リクナビNEXT
【公式サイト】
https://next.rikunabi.com/

トラック運転手や工場内の仕事など求人はたくさんあるので、まずはどんな求人があるかだけでも見てください。

 

関連記事はコチラ
リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって?ぶっちゃけ併用すべき?

 

うつ病や精神的なことなら就労移行支援に行く

 

うつ病や心の病気などをお持ちの場合には、就労移行支援施設に相談してみることをおすすめします。

 

 

しかし、働くのを急がないようにすることも大切です。

 

うつ病の再発率は、60%とも言われ、うつ病を繰り返すとさらに再発率が高くなると言われております。

 

その為、再発を防ぐためにも、職場復帰を焦らず気軽な気持ちで相談してみてください。

 

ブランクがあるなら転職エージェントに登録して相談しよう。

 

ブランクがあって就職に自信がない人こそ転職エージェントに登録して相談してみましょう。

 

たとえ、転職するにしても、しなくても確実に前進するはずです。

 

どんなに自信なくても少しずつ前向きに行動を起こせば、いつかこれだ!という働き方に出会えるはずです。

 

転職エージェントのサービス内容

  • キャリアの相談ができる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接対策
  • 非公開求人を紹介をしてくれる
  • 企業との面接調整を代行

 

今の困っていることや、転職の悩みやなど相談して、最終的に転職しなくて登録だけでも可能です。

 

転職エージェントは登録だけでも問題ありません。

 

下記の記事を参考にしてください。

転職エージェントは登録だけでもいいの?会社にバレない活用法を解説

転職エージェントの選び方で1回は失敗する!経験から学ぶ5つの比較法とは?

 

転職エージェントは、転職のプロなので有益な一言が現状を変えてくれるかもしれません。

 

ブランクがある人のおすすめの転職エージェントをご紹介します。

 

30代でブランクがある人向け

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
【公式サイト】
https://www.r-agent.com/

転職サイトリクナビNEXTと連携で求人の選択肢が増えてキャリアの可能性が広がります。

思い切って働くのが怖いということを打ち明けてみましょう。

他と比較にならない「圧倒的な求人数」「実績豊富なアドバイザー」がブランクがあるアナタにピッタリな求人を見つけてくれます。

20代でブランクがある人向け

ブランクの期間が長い人、職歴に自信がない方におすすめなのが、「書類選考がない転職エージェント」就職Shopです。

就職Shop
【公式サイト】
https://www.ss-shop.jp/

20代向けの就職・転職エージェント。

■求人の全てが書類選考なしで面接
■ブランクがある方におすすめ
■全て未経験者歓迎求人を保有

ブランク期間が長い人にとって、転職する上で難関なのが、書類選考です。

正社員経験がない人や、就職したがすぐ辞めてしまい職歴に自信がない...という人は、就職SHOPとのマッチング度はかなり高い転職エージェントといえるでしょう。

 

働いて怖かったら仕事を辞めればいいと考えよう

 

働くのが怖いなら、無理して長く働く必要はありません。

 

ダメだったら、次に進めばいいです。

自分にあった働き方や働く怖さを克服できるまで「辞めたっていいや!死ぬわけではない!」という気持ちで問題ありません。

 

日本の約410万社企業がある中の1社を見つけることに頑張ってみませんか。

 

働くのが怖いのは30代になる前が問題|まとめ

 

アナタの、働くのが怖い原因はどんなことだったでしょうか。

 

まずは、大事なのはどんなことが怖いと感じるのか原因を知ることから始めましょう。

 

私も新しい環境で働くのはやっぱり最初は怖さもあり不安でした。

 

人間だれしも、怖さはあるので工夫して乗り越えられるよう行動しましょう。

 

この記事を見ている時点で、あなたは一歩前に進んでいるのです。

 

転職活動が進め方がわからない方はこちらの記事を参考にしてください
転職の正しい進め方!準備~内定・退職まで4つのステップ

 

そらキャリア

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

-退職・仕事の悩み

© 2020 そらキャリア