転職・キャリア

面接の一人称は、「僕」「自分」「私」?NGな口癖と好印象になるコツ【就職・転職】

面接で気を付ける事ってある?
面接の時の一人称って?

 

実は、面接での基本をしっかり抑えれば、転職・就職は成功しやすいです。  

 

この記事では「面接での一人称の使い方」を紹介していきます。  

 

あなたは、自分自身をどのように呼びますか?

 

適切な一人称を使って面接官に好印象に感じてもらうように、一人称を理解しておきましょう。

 

一人称を適切に使い好印象を与えられる

 

就活や転職では、様々な場面で採用担当者と話をしなければなりません。

 

そんな時に以外とできていない一人称の使い方です。

 

言葉遣いや基本的なビジネスマナーの一つとして採用担当者は、あなた自身をどのように呼ぶか見ていたりするのです。

 

この時に、正しい一人称を使うことができれば「最低限のビジネスマナー」「誠実さ」をアピールすることができるでしょう。

 

面接の一人称は「私(わたくし)」が正しい

 

面接の一人称は、「私(わたくし)」と言うのが好ましいです。

 

面接では、「わたし」よりかは、さらに丁寧な「わたくし」を使う方が印象がいいです。

 

男性も女性も、一人称は「私(わたくし)」で全然OK。

 

やりがちな失敗例

  • 「僕」は、
  • 「自分」は、
  • 「俺」は、
  • 自分の名前

 

この言葉は、目上の人と話す言葉として相応しくないので気を付ける必要があります。

 

なぜ、相応しくないのか解説していきます。

 

面接で「僕」は適切ではない

 

「僕」を使うときの一人称は、通常どんな時に使うのでしょうか。

 

「僕」を使うときの一人称

  • 自分と身分の対等な人
  • 部下や年下の人

 

このように、面接で「僕」を使う場合は適切ではないのです。

 

目上の存在である面接官に対して一人称「僕」を使ってしまうと、「失礼」だから。

 

好印象を与える面接では、「僕」という一人称は使わないようにしましょう。

 

面接で「自分」は適切ではない

 

「自分」という言葉は、一人称としては一人称・二人称・三人称の別に関係なく実体そのものをさす言葉で適切ではありません。

 

また、関西方面だとビジネスシーンで「自分」というのを二人称で使う場合もあります。

 

しかし、「自分」という一人称の使い方は単純にフランクすぎる印象を与えてしまう恐れがあります。

 

一般的には、転職、就職面接では「自分」は避けた方がいいでしょう。

 

面接で「俺」はNG

 

面接で、「俺」は適切な表現ではないのは、誰でもわかると思います。

 

「俺」という一人称は、フランクさやカジュアルを通り越して、乱暴な印象を与えてしまうのでNG。

 

社内で、顔なじみの同僚同士や、上司など目上の人が部下に言う言葉なら問題ありません。

 

面接などのフォーマルな場面で「俺」は使わず適切な場面で使うようにしましょう。

 

面接で「自分の名前」は非常識

 

面接で自分のことを「自分の名前」で呼ぶのは社会人的に非常識にあたります。

 

特にこの傾向は女性に多いですが、許されるのは、学生まで。

 

なぜNGなのかというと、一人称で自分の名前を使うと、相手に少しわがままな印象を与えます。

 

転職、就職面接では、決して自分のことを「自分の名前」で呼ぶのはやめましょう。

 

面接する企業の呼び方

 

面接企業の表現する場合は、「御社」という言葉を使います。

 

やりがちな失敗例は、企業側のことを「貴社」と言ってしまうことです。

 

「貴社」は書面上の呼び名で使われるのが一般的です。

 

相手の会社を表す敬語

  • 話し言葉の場合が「御社」
  • 書き言葉の場合が「貴社」

 

つまり、会社説明会や面接では「御社」と呼び、メールやエントリーシート、履歴書などの書面での呼び方は「貴社」を使うのです。

 

そのため、面接の際に企業を呼ぶときは、「御社」を使いましょう。

 

面接で気を付けたい口癖

 

面接の時に、一人称以外で、ついつい言ってしまう口癖を解説していきます。

 

気を付けたい口癖

  • 「あの~」
  • 「えっと」
  • 「そうですね」
  • 「えー」

 

この中にあてはまる口癖がある人は、注意しましょう。

 

面接でNGな口癖

 

面接時に、一発で悪印象を与える口癖を以下の通りです。

 

  • 「めちゃめちゃ」
  • 「マジで」
  • 「超すごくて~」
  • 「そうっす」
  • 「~すよ」

 

これらの言葉は、面接ではすべてNGワードのため、一気に印象を下げてしまう可能性があります。

 

そのため、日頃から言葉遣いに意識することが大切です。

 

面接では「~です」「~ます」といった丁寧な語尾を使うこと。

 

面接で好印象になるコツ

 

面接で好印象になるコツを紹介します。

 

難しいことをすることなく、ちょっと意識するだけで面接官にいい印象をもってもらい転職や就職活動ではプラスになります。

 

では、どんなことを意識すればいいのか?

 

面接で好印象になるコツ

  • 面接は大きな声でハキハキと話す
  • 面接は明るいトーンを意識する
  • 面接官に対して共感する
  • 早口はぜったいNG
  • 面接の質問には結論から
  • 質問は最後まで聞く

 

順番に解説していきます。

 

面接では大きめな声でハキハキと話す

 

ワントーン大きめな声でハキハキと話すのは非常に大事です。 語尾を、「です」「ます」としっかり言い切る。

 

自信があって元気な印象を持ちます。

 

小さすぎる声はNGです。

 

なぜなら、聞き取りづらくて何が言いたかったのか伝わらずに、声というマイナスな印象になってしまいます。

 

語尾だけ小さくなっていく話し方をしてしまう人もいます。また、大きすぎる声も避けたほうがよいでしょう。

 

面接は明るいトーンを意識する

 

明るく話すことで「この人となら働いても楽しく仕事できるかもしれない。」と思わせること。

 

面接官も人間です。暗いトーンで、話されたら気分も上がらず楽しくないですよね。

 

そのように、感じ取ってくれたら勝ちです。

 

なるべくポジティブな言葉を発するようにしましょう。

 

面接官に対して共感する

 

雑談や一つの話題に対して、しっかり聞いて、共感しよう。

 

「私も、そのように思います。」 「とても、わかります。~~なので、○○だと思います。」

 

最後に、落ち着いて自分の意見を述べると印象が良くなります。

 

また、この時、数字などを用いてそのテーマに沿ったネタを話すと知的なイメージも付きます。

 

早口はぜったいNG

 

面接の際は、緊張のあまり、早口になってしまったり、声が思うようにでないケースがあります。

 

その為、ゆっくりと聞き取りやすい声量で話すのが〇。

 

面接官との距離を考えて、相手が聞き取りやすい大きさの声でゆっくり話をすることが重要です。

 

面接の質問には「結論」から

 

面接官の印象をよくするコツは、「結論から先に答えること」です。

 

質問に対して簡潔に答えれるかどうかは重要です。

 

だらだらと結論のない話は、「結局何が言いたかったの?」と思われていい印象を持たれません。

 

人間は、本能的にに「何を考えているのか」わかりやすい人がいいのです。

 

結論に話す人の方が、いい働きをしてくれそうだと思いませんか?

 

PREP話法 (プレップ)

 

結論から話す方法として「PREP話法(プレップ)」というのがあります。

 

プレップ話法ではなすとかなりわかりやすく伝わります。

 

プレップ話法

step
1
結論 ○○は○○です。

step
2
理由 なぜなら、○○だからです。

step
3
事例 具体的には、○○であり○○だからです。

step
4
結論 その為、○○です。

※事例は、数字を用いて説明するとなおよし

 

 

結論から話して、何を伝えたいのか明確にします。

そして、なぜそう思うのか理由を言います。

さらに、その理由となる根拠、事例(エピソード)を話すと伝え方としてキレイです。

最後に結論で終わりましょう。

 

質問を最後まで聞く

 

面接官が喋り終わる前に、こちら側からしゃべってはいけません。

 

これは、結構大切です。知らず知らず人の話をさえぎってしまう人は注意が必要です。

 

なぜなら、話を最後まで聞ける人じゃないんだなという印象や不快感を抱いてしまいます。

 

しっかり最後まで聞いて、落ち着いて答えましょう。

 

面接の一人称・NGな口癖【まとめ】

 

  • 面接で使う一人称は「私(わたくし)」が正しい。
  • 口癖には気を付ける
  • 面接では大きな声でハキハキと
  • 明るいトーンを意識
  • 早口はぜったいNG
  • 結論から話そう
  • 質問は最後まで聞く

 

もし、これから面接に臨むなら最低限のビジネスマナーとして上記のことを意識しましょう。

 

そらきマガジン

~END~

-転職・キャリア

Copyright© Soraki 転職 , 2020 All Rights Reserved.