20代おすすめ転職エージェント

リクルートエージェントで面談がない本当のワケ!断られた時の対応策は?

  • 読者の悩み

「リクルートエージェントで面談がない理由って?」

「断られた場合、どうしたらいい?」

 

このような疑問についてお答えしていきます。

 

筆者の経歴

  • 人材業界5年。
    「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
  • 3回の転職を経験
    あらゆる転職サイト&転職エージェントを活用して現在は、納得のできるキャリアを築いています。

 

この記事の内容

  • リクルートエージェントで面談がない理由
  • 面接をする誘導場所でリクルートエージェントの本気度がわかる
  • リクルートエージェントに登録したけど連絡すらもない理由
  • 断られた時の対応策

 

この記事を読めば、リクルートの内部事情について詳しくなりますので「これから転職しようと迷っている」方は、ぜひ参考にしてください。

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

リクルートエージェントで面談がない理由って?

 

面談がない理由は2つります。

 

面談がない理由

  • 面談がない場合は経歴か希望条件で審査落ち
  • リクルートエージェント側の面談の優先度が低い

 

言葉をにごさずに簡単に言えば、「この求職者をサポートしても、採用成功につながりにくい」と判断されたから。

 

つまり、市場価値が低く、売り上げになる可能性が低いという結論です。

 

関連記事
既卒はリクルートエージェントを使うな!その理由と3つの就活方法

 

面談がない場合は経歴か希望条件で審査落ち

 

面談がない理由として、「経歴」や「希望条件」で審査落ちしているケースがあります。

 

どんな人材が審査に落ちてしまうのでしょうか。

 

審査落ちしてしまう条件

  • 転職回数が多すぎる
  • 短期離職を繰り返している
  • 年収が低すぎる
  • 希望条件に対して年齢に伴ったスキルや職務経験がない
  • 正社員経験がない(非正規雇用)
  • 転職希望時期が1年後以降
  • 特殊な職歴を持っている(郵便局員・自衛隊・自営業・芸能人など)

 

実際にあなたが希望している条件に「見合った求人がない」「紹介できる企業がない」と言われてしまうことケースがあります。

 

 

リクルートエージェント側の面談の優先度が低い

 

リクルートエージェントは、日本のトップの豊富な求人数とNo,1の転職支援実績があり、業界最大手の転職エージェント。

 

その為、知名度の高さと人気があり、求職者の数も計り知れないほど相談があり、一人ひとり、求職者を丁寧にサポートしていくのができないのが実情なのです。

 

つまり、キャリアアドバイザーは、転職成功しそうな人に優先的になってしまいサービス利用者の選別によって”面談なし”の人がでてくるのです。

 

気長に待ってみるといいでしょう。

 

リクルートエージェントのサービス期間が3か月以内になる

 

転職者を優先する背景として、3か月の支援期間という目安があります。

 

すなわち、転職が決まるまでサポートしてくれるわけではないのです。

 

公式サイトに下記の内容の記載があります。

 

サポート期間は3か月以内

【リクルートエージェントはいつまでサービスを受けられる?】

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月を目安としています。約3カ月を目安にしている背景のひとつに、実際に多くの方が約3カ月程度で転職先を決定していることが挙げられます。ーリクルートエージェント公式引用

 

そのほかの要素として、営業ノルマがあるのも一つだと考えられます。

 

リクルートエージェントは面談場所で本気度がわかる

 

登録後に、面談の実施する場所に3つのパターンがあるのは知っていますか?

 

その面談を受ける形で、リクルートエージェントの本気度がわかります。

 

3つの面談シーン

  • リクルートエージェント各拠点
  • ホテルやカフェなどの喫茶店
  • キャリアアドバイザーとの電話面談

 

この3つです。

 

リクルートエージェント各拠点で面談が一般的

 

一番多いパターンが、転職希望者がお住いの地域のリクルートエージェント各拠点で面談を実施するというパターン。

 

キャリアアドバイザーは、一日に数人程度、転職の相談を受けるため、効率よく拠点にお越しいただく流れをとっています。

 

面談ブースで希望条件などヒアリングして進めるのが一般的なのです。

 

面談場所がホテルやカフェの場合は本気度が高い

 

キャリアアドバイザーがホテルやカフェなど出向くパターンが、一番本気度が高いです。

 

年収が高く、高スペック、高いスキルを持っている人材は、紹介先がたくさんあり転職成功させる確立も高く、年収が高いほど成功させたときの報酬の見返りがあるからです。

 

また、わざわざ出向いて会いに行くケースは、競合の企業に取られたくないというのも理由の一つです。

 

このような、年収が高いエグゼクティブ層には、忙しい傾向があるという点と、交渉の雰囲気を出すために自社外で会おうとします。

 

電話面談の場合は優先度が低い

 

そして、最後に、電話面談のパターンです。

 

電話面談をうながされたら、リクルートエージェントにとって優先順位低いという判断ということになります。

 

この場合、希望条件によって、紹介できる求人数が少なかったりします。

 

リクルートエージェントから1週間経っても面談の連絡すらない場合は?

 

登録後、全然連絡がない場合はどうすればいい?

 

以下の可能性があります。

 

連絡がない場合

  • プロフィール情報を誤って登録していないか確認
  • リクルートエージェントに問い合わせてみる

 

プロフィール情報を誤って登録していないか確認

 

連絡がこない原因として、プロフィールを登録するときに誤って入力した可能性があります。

 

この場合、誤登録で連絡がこないパターンなので入力ミスがなかったか思い返してみましょう。

 

また、念のためメールボックスの”ドメイン設定”や、”迷惑メールボックスにはいっていないか”もチェックしましょう。

 

連絡ないならリクルートエージェントに問い合わせてみる

引用ページ

【転職支援サービスに申し込んだのに連絡がありません。どうしたらよいですか?】

登録状況を確認させていただきますので、画面下部の「問い合わせ」ボタンより、お問い合わせ窓口へご連絡ください。ーリクルートエージェント公式引用ー

 

この場合は、リクルートエージェントに問い合わせてみましょう。

 

リクルートエージェントの面談がない場合の対応策

 

面談ができなかった=紹介できる求人がすくないということ。

 

そのため、別の選択肢を見つけたほうがあなたにとって効率良い転職活動ができるはずです。

 

面談がない対応策

  • 転職サイトで求人を探すことから始める
  • 他社の転職エージェントを利用する

 

転職サイトで求人を探すことから始める

 

一旦、転職サイトから求人を探すことからはじめてはいかがでしょうか。

 

あなた自身、希望の求人条件検索をして求人を探すことができます。

 

また、登録をしておくだけで企業からスカウトオファーが届くので効率良い転職活動ができます。

 

登録するならこの2社

  • リクナビNEXT
    転職先と出会えたサイトNo,1!会員数780万人で転職者の8割が利用している
  • はたらいく
    地元向けの求人が多い!他の転職サイトに掲載されていない求人情報が約90%以上!

人気記事
転職がめんどくさい時はどうすればいい?誰でもできる3つの解決法!

 

他社の転職エージェントを利用する

 

リクルートエージェントで面談が断られてしまった場合は、他の転職エージェントを利用しましょう。

 

他の転職エージェントでは、専門特化型であったり、様々な種類のエージェントがあり、仮に登録してみると、すんなりサポートを受けられたというのはよくある話。

 

仮に、社会人経験がないことで断られているなら、「職歴なしの社会人未経験向けの専門特化型の転職エージェント」もありますので下記を参考にしてください。

 

おすすめの転職エージェント

 

関連記事
転職エージェントは登録だけでもいいの?会社にバレない活用法を解説

 

そらキャリア

-20代おすすめ転職エージェント

© 2020 そらキャリア