20代おすすめ転職エージェント

リクルートエージェントに登録してみた|手順を41枚の画像で説明します。

「リクルートエージェントに登録するまでの流れってどんな感じなの?」

「ぶっちゃけ登録はめんどくさい?」

 

こんな疑問にお答えします。

 

筆者の経歴

  • 人材業界5年。
    「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
  • 3回の転職を経験
    あらゆる転職サイト&転職エージェントを活用して現在は、納得のできるキャリアを築いています。

 

私は、リクルートエージェントを実際に使ってみたので41枚の画像付きで説明します。

 

初めてリクルートエージェントの利用を考えているって方はぜひ参考にしてくださいね。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって?ぶっちゃけ併用すべき?

 

リクルートエージェントの登録手段は3つ

 

リクルートエージェントに登録手段は以下の3つから。

 

  • PCブラウザから登録に進む
  • スマートフォンから登録に進む
  • スマホアプリから行う

 

 

通勤中などの移動中でも、ご自身のスマートフォンから登録ができるため、便利ですね。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントの登録の流れ

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの会員登録するまでには、おおまかに5つのカテゴリーの項目を入力します。

 

5つのステップ

  • 転職に期待することを登録
  • 年収と現在の職種を入力
  • プロフィール情報を登録
  • 現在の就業状況について入力
  • 資格や経歴を登録

 

登録する前に、念のため一つお話すると、リクルートエージェントは会員登録は無料なのでご安心ください。

 

登録①
転職希望時期の登録

転職時期を選択

 

一番最初の項目は、転職希望時期です。

 

転職希望時期

・すぐにでも

・3か月以内

・6か月以内

・1年以内

・未定

 

ここは、目安として転職を予定している時期を選択しましょう。

 

 

と、言いたいのですが、うまくリクルートエージェントを活用するためには「すぐにでも」を選ぶこと。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録だけでも「すぐにでも」を選ぼう

 

リクルートエージェントに登録だけでも、「すぐにでも」と答えたほうが転職活動では優位なのです。

 

なぜなら、仮に、「6か月以内」や「1年以内」を選んで入力してしまうとすべてにおいて”優先”してもらえないから。

 

6か月以内や1年以内と伝えると・・

  • 求人紹介の優先度が低くなり、サポートも手薄になる。
  • 場合によっては、不慣れな新人アドバイザーが担当になることも。

 

担当者も実績が欲しさに、転職への温度感が高い登録者のほうが手厚くなるのは当然。

 

理由はひとつで「すぐにでも」転職したいと熱意の高い人のほうが転職を成功させる確立がある判断されるからです。

 

そのため、仮にリクルートエージェントに登録だけだとしても、転職希望時期は「すぐにでも」を選びましょう。

 

登録②
希望の勤務地

ご希望の勤務地を選択

 

ここでは、希望の勤務地を選びます。

 

基本的には、お住まいから通勤できる範囲を登録するのが一般的です。

 

希望の勤務地

 

・47都道府県の各地域 (23区内/23区外)
・全国可
・北米
・欧州
・東アジア
・東南アジア
・他アジア
・太平洋・オセアニア
・南米
・アフリカ
・その他の海外

 

東京都は23区内と23区外で分かれていました。


勤務地で「全国可」を選べば、全国に勤務地がある募集企業を、リクルートエージェントが紹介してくれます。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録③
直近の年収

年収を入力

 

 

ここでは、直近の年収を入力しますが、”水増しした年収”を入力することは、やめましょう。

 

なぜなら、内定先の企業でバレる可能性があるから。

 

転職活動から内定までバレることはありませんが、内定先の企業で100%源泉徴収票の出すことが求められます。

 

つまり、所得税を試算するために必要な書類の関係でバレてしまいますので注意しましょう。

 

登録④
現在の職種

 

この項目では、直近の経験職種をえらんでいきます。

 

step
1
職種の大分類を選択する。
【サービス、販売、運輸系】

step
2
分類された職種の中カテゴリーを選ぶ。
【旅行、ホテル、ブライダル】

step
3
より近しい職種を選びます。
【ホテル支配人】

※【○○】の中は、例

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑤
誕生日の入力

生年月日を選択

 

誕生日は正確に入力しましょう。

 

もし、万が一誤って登録した場合は、後からも修正はできることは確認していますので安心してください。

 

登録⑥
メールアドレスの登録

メールアドレスを入力

 

 

こちらに登録するメールアドレスは、応募先企業やリクルートエージェントと連絡するのに使用。

 

複数メールアドレスを持っているなら、普段使いなれているアドレスを登録するといいです。

 

通知機能を設定したり、必要であればメールの振り分けなど、ご自身でしっかり管理していきましょう。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑦
性別・氏名・住所・電話番後

 

step
1
性別の項目で「男性」か「女性」を選びます。

step
2
その次の画面で「名前」を入力します。

 

間違えないように正確に入力しましょう。

 

 

step
1
次に住所を入力します。

step
2
続いて入ご自身のつながりやすい携帯番号を入力しましょう。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑧
最終学歴

 

step
1
最終学歴を選びます。

step
2
その次に卒業学校名も入力します。

step
3
続いて、学部・学科を選びます。

 

 

step
1
卒業年を選択します。

step
2
次に、卒業月を選びます。

 

登録⑨
英語力を選ぶ

英語力を選択

 

ご自身の英語力を選びます。

 

選択肢としていくつかありましたので紹介します。

 

選択肢

  • ネイティブレベル
  • ビジネスレベル上級
  • ビジネスレベル中級
  • ビジネスレベル初級
  • 簡単な会話レベル
  • なし

 

あなたの英語力がどのレベルかわからない場合は、以下を参考にしてください。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録時の英語力の目安

ネイティブレベル通常会話は完全に理解できる。母国語とほぼ同様に使用可能。ネイティブが使う慣用句や表現の知識もある。 TOEIC870以上
ビジネスレベル上級単独で複雑な商談など、ビジネス上支障がない。TOEIC 700~870
ビジネスレベル中級交渉や商談が問題できて互いに考えていることを伝え、理解を得れる。TOEIC500~700
ビジネスレベル初級日常のコミュニケーションがほぼ支障がない。難しくない会話、読み書きができるTOEIC500以下
簡単な会話レベル簡単な会話や旅行での利用が可能 

 

あくまで、個人的な目安になります。

 

もし、迷った場合は、あとからも修正変更が可能です。

 

登録⑩
現在の就業状況

現在の就業状況を選ぶ

 

こちら項目は、「在職中」「離職中」どちらを選択しても登録上は問題ありません。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑪
経験社数を選択

経験社数を選択

 

今まで、経験した会社の数字を選びます。

 

この時、現在在職中であれば在職の会社も含みましょう。

 

登録⑫
直近の勤務先会社名・入社年月

直近の勤務会社名を選択

直近の勤務先会社名を入力します。

 

「勤務先の会社名も入力しないといけないの?」と思った方は、いるのではないでしょうか。

 

理由は2つ

  • 勤務先が人材紹介に募集を出していた場合、求人を紹介しないため
  • レジュメの公開を控えたい企業がある場合は、「スカウト公開設定」項目にて非公開設定ができるから

 

それから、先に進むとリクナビNEXTに同時登録する画面が出てきます。

 

同時登録すればスカウトサービスが連動するため、企業から匿名状態で入力された情報が公開されることになります。

 

 

その為、レジュメの公開を控えたい場合は「スカウト公開設定」項目にて非公開をすること。

 

 

登録しても企業に公開される仕様ではないので、その点は安心です。

 




続いて、直近の勤務先の”入社年”と”入社月”を続けて選びます。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑬
直近の経験業種・雇用形態

直近の経験業種の選択

 

直近の経験業種の中で一番近い業種をリストから登録しましょう。

 

経験業種を選んだら、次は直近の雇用形態について登録します。

 

直近の勤務先の雇用形態

 

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト
  • 業務委託
  • 委任契約
  • FCオーナー
  • その他 から選びます。

 

直近での勤務先の雇用形態を登録しましょう。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

登録⑭
保有資格やその他

資格や伝えておきたいこと

 

今持っている資格や、アピールしたいこと、希望していることなどを入力しましょう。

 

「資格」や「職務経歴」の欄が一番入力のボリュームが多いのですが、こちらは、”任意”入力となるため、飛ばしましょう!

 

あとからじっくり考えて完成させていく方が効率が良くいいものができます。

 

コチラで主な登録は終了となりますが、下にスクロールすると最後に、リクナビNEXTに同時に登録ができる画面が出てきます。

 

「チェック入れる」だけなので同時登録はかんたんにできるのでおすすめです。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXTの同時登録はするべき

リクナビNEXTスカウトサービス登録

 

繰り返しになりますが、リクナビNEXTは、登録しといたほうがおすすめです。

 

なぜなら2つのメリットがあるからです。

 

メリット

  • リクナビNEXTの独自の求人案件を自分で探せる。(転職サイト版になる)
  • 企業や転職エージェントから直接オファーが来る

 

チェックを入れるだけで同時登録が可できてで、そのうえ同じリクルートが運営している転職サイトなので連携をとれて便利です。

 

リクルートエージェントの登録ページにも以下の記載がありました。

 

リクナビNEXT同時登録のメリット

あなたのレジュメを匿名で登録しておけば、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます。

すでに250万人以上の方に利用いただき、毎月540万通以上のオファーが送信されています。

レジュメを登録した後は、企業からのオファーがを待つだけ。

忙しくて時間がない方にも、効率的な転職活動ができます。

-引用リクルートエージェント登録ぺージー

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

 

リクルートエージェントの登録完了メール

登録完了メール

 

下記の、「お申し込みありがとうございます」という画面に切り替わったら 登録はすべて完了です。

 

リクルートエージェントの登録時間はたったの”3分”

写真:リクルートエージェント

 

項目ごとに全て紹介すると、「なんか長くてめんどくさそうだなぁ」と感じたかもしれませんが、

 

リクルートエージェントへの登録時間は、たったの【 3分 】で終わりました。

 

無料会員登録が完了すると下記のメールが届きます。

 

面談希望日の案内メール

 

リクルートエージェントのPersonal Desktopとは?

 

リクルートエージェントのPersonal Desktop(パーソナルデスクトップ)とは、登録者の専用マイページです。

 

マイページで何ができるのか簡単に説明します。

 

できること

  • 求人紹介も応募手続きもこれ1つで可能
  • キャリアアドバイザーが厳選した求人情報をチェックできる(紹介求人)
  • 応募手続きの依頼もボタン1つで可能
  • 職務経歴書作成ツール「レジュメnavi」で、案内に従って情報を入力するだけで職務経歴書が作れる

 

ご利用にはPersonal Desktopのアカウントが必要なので、まだリクルートエージェントにご登録いただいていない方は下記の”公式サイト”から手続きができます。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

Personal Desktopのメリット

【①求人検索&メール配信機能】

リクルートエージェントの約30万件以上の求人が、好きな条件で検索ができて簡単に応募ができる

検索条件を保存しておけば、ご希望にマッチした新着求人のメール配信も受けれる

②【企業から直接スカウトを受け取れる】

Personal Desktop上で、スカウトサービスに登録するだけで

あなたの経歴を見た企業から直接スカウトが届くかもしれない。

 

リクルートエージェントへ登録後は面談日を決める

面談日の設定(スマホ版)

 

先ほどのメールのリンクをクリックすると、上記のような【面接日時】を決める画面にうつります。

 

登録完了したあとは、面談日時について決める必要があり、どの転職エージェントを利用しても、専任のキャリアアドバイザーとの面談をします。

(※2020年8月現在 新型コロナの影響で電話面談のみ実施)

 

面談日時を決めないとリクルートエージェントから連絡がくる

 

忙しくて面接日を決められなかった!という方にも、後日2~3日以内にリクルートエージェントから”電話”か”ショートメール”が来ます。

 

「面談の日時」の決める連絡なので上記の番号から連絡がきますので希望の日をお伝えしましょう。

 

不在時の場合には、このようなショートメールがきます。

 

ちなみに、リクルートエージェントが出している過去データから見た面談の混雑の予想時間帯は下記を参考にしてください。

 

面談の混雑予想時間

その他のご要望

 

その他のご要望があれば、こちらで記入できます。

 

忙しくて、面談の突然キャンセルになってしまう恐れがある場合や、都合のいい時間帯などご要望があれば記載しときましょう。

 

リクルートエージェントに登録|まとめ

写真:リクルートエージェント

 

登録にかかる時間は、たったの3分で、本当に簡単に登録ができました。

 

また、途中の、経歴や資格欄は、”任意”項目なので後から入力しましょう。

 

リクルートエージェントには登録すべき

 

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェントです

 

さらに、転職サイトリクナビNEXTと連携で求人の選択肢が増えてキャリアの可能性が広がります。

 

参考

  • 転職エージェントに登録したら必ず、転職しないといけないということはありません。 
    →情報収集やどんな非公開求人があるのかみてみたいって方もOK
    ※非公開求人とは、企業の都合で一般には公開していない特別な求人

 

是非、一度目を通すとくと、良い求人に出会えるかもしれません。

 

是非参考にしてください。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/



関連記事はコチラ
既卒はリクルートエージェントを使うな!その理由と3つの就活方法

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

-20代おすすめ転職エージェント

© 2020 そらキャリア