退職・仕事の悩み

退職願と退職届の違いって?それぞれの意味を解説【テンプレート付き】

「退職願と退職届の違いって?」

「退職するときどっちを書けばいいの?」

 

本記事では、それぞれの意味を解説して正しい退職願・退職届の書き方や提出の方法など解説していきます。

 

私は、転職を数回しましたが、そのたびに退職の手続きを行いましたので参考にしてください。

 

転職がめんどくさい時はどうすればいい?誰でもできる3つの解決法!

 

退職願いと退職届の違いとは

 

退職願いと退職届って意味が違うってホント?

 

この二つには明確な意味があります。順番に説明してきますね!

  • 退職願・・・会社へ退職を申し出るための書類
  • 退職届・・・すでに退職が認められたあとに、届け出る書類

 

退職願とは

 

これは、会社へ退職を願い出るための書類です。

 

会社を辞めたいと考えている事を知らせるために「退職したいです」と申し出るときにだす書類。

 

例えば、〇月末で辞めますという意思表示を会社に教えます。

 

しかし、会社に対して「退職を願い出る」ためのものなので、実は、書面などで伝える必要はなく口頭でもOK。

 

それじゃあ、直接やめるって伝えればいいのに、なんで出すの?

 

それは、 文章に明確に書き表すことで、2つのメリットがあります。

  • 退職の意思の強さを示すことができる。
  • 申し出の証明として残すことができる。

 

会社側が退職願を受け取ることで、会社は雇用契約の解除について認めるか等、協議に入らないとなりません。

 

結論

退職願いは出さなくてもOK


多くの企業では、「会社を辞めます」と切り出すことで、その言葉が退職願いと同じ効力として扱われ退職願いを出さないケースが増えています。

 

その為、直接、上司に会社を辞めることを伝えた段階で、 対応してくれるでしょう。

 

退職届とは

 

これは、すでに退職が承認されたあとに、正式に「退職します」と届け出る書類。

 

法律的には口頭のみの意思表示でも大丈夫とされていますが、「言った」「言わない」のトラブルを避けるため、記録して残すときに提出したほうがいいでしょう。

 

退職届を提出すると、退職の意志を取り消すことはできません。

 

また、会社によって用意されている書面(フォーマット)で作成しないといけないケースもありますので、確認しましょう。

 

結論

退職届は出しましょう。

退職届を出したあとは、2週間後には会社を辞めることは可能です!

 

退職の申し入れから民法上、2週間後に退職ができます。

 

そのため退職は、原則として「自由」なのです。つまり、退職という行為を、会社は拒むことは不可能なのです。

 

民法627条1項

期間に定めのない雇用契約を締結している労働者(無期雇用や正社員など)の退職について、「各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

ー民法627条1項ー

 

上記のように定められています。

 

退職までの一連の流れ

 

一般的な退職の流れをこの通りです。

 

step
1
会社を辞めることを決断

step
2
退職願をつくる(退職を希望する日を記載すること)

step
3
会社の直属の上司に退職を申し出る(退職願を渡す or 口頭でもOK)

step
4
退職が受理されたら、退職届をつくる(会社と相談の上、正式な退職日を記載)

step
5
会社の就業規則に沿って退職届を提出

step
6
職種のジャンルによって必要であれば社内・社外での業務引き継ぎ&退職あいさつ

step
7
会社を退職

 

就業規則は必ずチェックしよう

現在、在職中の就業規則は確認はしときましょう。

なぜなら、企業によっては、「退職を希望する場合は、退職日から〇か月前に申し出がルール」という就業規定を定められている場合があるからです。

スムーズに退職の交渉ができるように、就業規則は事前に確認するのをオススメします。

 

退職願・退職届の書き方

 

退職願・退職届の書き方の違いをまとめました。

下記の見本・参考例から、まずはしっかり書き方の基本を理解しましょう。

 

作成するときに用意するもの

 

用紙(便箋)

用紙サイズ

→ B5かA4 を選びましょう。

 

手書きの場合

→ 白い便箋 が一般的です。

 

罫線入りを使う場合

→ ビジネス用のシンプルなもの が好ましい。

・封筒

封筒の色は、白無地の封筒(郵便番号枠なし)のものを選びましょう。

サイズ

→ B5用紙に「長形4号」

→ A4用紙に「長形3号」

・記入ペン

黒ボールペンか万年筆どちらでもOKです。

(※油性・水性どちらでも大丈夫)

 

見本と書き方のポイント

基本として、退職の意思と退職希望日を記載すること以外の情報は書かないことが一般的です。

また、フォーマットの文面は退職願いも退職届も似ている部分があるので説明します。

 

例 縦書きの場合

退職願の書き方・例文(テンプレート) 退職届の書き方・例文(テンプレート)

①冒頭の行

一行目には「退職願」または「退職届」と書く。中央よりやや上あたりが好ましい。

 

② 始めの文の導入

最初の一行目の下部に『私儀(わたくしぎ)』もしくは『私事』と書く。

(※『わたくしごとではありますが......』という意味) ちなみに『私は』でもOK。

 

③ 退職する理由

会社を辞める際に自分の都合による退職の場合、『一身上の都合』と書く。

(※なお、会社都合退職の場合は書き方が文言が異なる。その場合、『一身上の都合』ではなく、『部門縮小のため』『退職勧奨に伴い』などに置き換える。)

 

④ 退職する日付

退職願は退職を希望する年月日を書く。

退職届は会社と合意した年月日を書く。

年の表記は『西暦』『元号』どちらでもOK。会社規定があればそれに従う

※縦書きの場合は、漢数字『一、二、三』を使用する。

 

⑤ 文末の表現

・退職願は申し出なので『退職したく、ここにお願い申し上げます』と書く。

・退職届は退職が認められた後の正式書面なので宣言する形で『退職いたします』と書く。

 

⑥ 届出日

実際に退職願と退職届を提出する年月日を書く。

※上記と同じで縦書きの場合は、漢数字『一、二、三』を使用。

 

⑦ 所属と氏名

行の下方に、氏名をフルネームで書く。捺印するスペース取り末尾に捺印をする。

※ 所属があれば正式な部署名を入れる、 役職名は省く。

 

⑧ 宛名

代表取締役(社長)に宛てる。代表者の肩書(役名)と氏名は文末に書く。

(※敬称は『様』もしくは『殿』と書き、 自分の名前より上方に書くこと)

 

横書きの場合

縦書きの場合と、記載内容は同じです。ただし、『届出日』『宛名』『所属と氏名』を本文より前に書きます。また、横書きの場合は文末を『以上』と記入します。

 

 

退職願・退職届の書式ダウンロード

 

縦書きでは、2つの書式をご用意書式しました。記入例を参考にぜひ活用してください。

退職願 テンプレートはコチラ ダウンロード

退職願 宛名・氏名フリーテンプレ―ト版 ダウンロード

退職届 テンプレートはコチラダウンロード

退職届 宛名・氏名フリーテンプレ―ト版 ダウンロード

 

 

そらキャリア

 

 

-退職・仕事の悩み

© 2020 そらキャリア