20代おすすめ転職エージェント

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって?ぶっちゃけ併用すべき?

 

  • 読者の悩み

「リクナビエージェントとリクナビNEXTってなにが違うの?」

「リクルートエージェントとリクナビNEXTどっちを登録したらいいの?」

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • リクナビエージェントとリクナビNEXTの違い
  • リクルートエージェントとリクナビNEXTが向いている人
  • リクルートエージェントとリクナビNEXTの特徴と注意点
  • 実際に使ってみてよかった点と悪かった点みて【経験談】
  • おすすめな転職債サイトと転職エージェント

 

筆者の経歴

  • 人材業界5年。
    「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
  • 3回の転職を経験
    あらゆる転職サイト&転職エージェントを活用して現在は、納得のできるキャリアを築いています。

 

「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」を実際に利用した”経験”から僕が解説していきます。

 

是非、参考にしてください。

 

転職するか迷う人が知っておくべき3つの判断基準!【転職3回の経験談】

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって?

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは、大きく違うのは、「サービス内容」になります。

 

簡単にいってしまうと、

  • リクルートエージェントは、
    「転職エージェント」
  • リクナビNEXTは、
    「転職サイト」
    というように分かれます。

リクルートエージェント

  • 直接または、電話で面談をした上で、おひとりおひとりに合った形で転職をサポートしてくれます。
  • いわば、専属の相談役となる。

リクナビNEXT

  • 自分自身でキャリアプランを決めて転職活動をする人向け。
  • 自分と力で、求人を探したりエントリーしたり転職活動を進めていきます。

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTは、同じリクルートキャリアが運営する無料の転職サービスとなります。

 

まずは、それぞれのサービスの違いを理解することが大切です。

 

次の比較表をもとにより詳しく見ていきます。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

転職エージェントの選び方で1回は失敗する!経験から学ぶ5つの比較法とは?

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの比較表

 

リクルートエージェントリクナビNEXT
利用料金全て無料全て無料
サービス専任のキャリアアドバイザーがつき、面談後、求人の紹介をしてもらったり、応募書類の作成や面接対策などの転職のアドバイスを行う。求人検索が自由にできて、オファーが届くことも。Web上での便利な支援コンテンツや機能が充実していて気軽に読める。スカウトオファーもあり。
会員登録者数約87万9000名(2018年度実績)約910万人以上(2019年6月時点)
求人数268,895件(※2020年1月時点)うち非公開求人20万件以上44,184件(※2020年8月時点)
求人の検索方法転職エージェントからの紹介自分で検索
履歴書・職務経歴書の作成、添削転職エージェントがサポート自分で作成
面接対策×
業界や企業の独自の情報×
年収交渉×
面談の日程調整×

 

このように、リクルートエージェントは求人紹介と転職サポートが主なサービスとなります。

 

一方で、リクナビNEXTは、自ら求人検索をおこなって企業への応募をしていきます。

 

リクルートエージェントは再登録はできるの?2回目の登録は気まずい?注意点も解説!

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビエージェントの方が求人数が多い

 

リクナビNEXTよりもリクルートエージェントのほうがの保有する求人数が多いところ最大の魅力です。

 

自ら求人を探して企業に応募をするリクナビNEXTの求人数は、4万件ほどに対してリクルートエージェントは、26万件以上の求人数保有しています。
(※リクナビNEXTは、毎週更新されるため時期によって変動あり。)

 

リクルートエージェントの求人数には、非公開求人が含まれています。

 

非公開求人とは、企業が社名や仕事内容を一般的なサイトに掲載していない求人のことです。

 

ここで疑問なのは、なぜ、企業は”非公開”にする必要があるのでしょうか。いくつか理由があります。

 

非公開求人の理由

  • 急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない
  • 企業の人事業務コスト削減
  • 機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる採用のため

 

機密性の高いプロジェクトや公開できない事業の場合、好条件になる傾向があるのが特徴。

 

このように、一般では見られない求人と膨大な求人数がリクルートエージェントの強みとなっています。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

転職の正しい進め方!準備~内定・退職まで4つのステップ

 

リクナビNEXTは企業からスカウトオファーがある

 

リクナビNEXTには、スカウトメール機能があり、企業側からダイレクトにオファーがくることがあります。

 

スカウト登録をすれば、スカウトオファーは3種類あります。

 

スカウト3つ

  • 求人掲載企業からのオファー
  • 転職エージェントで取り扱う求人企業からのオファー
  • 転職エージェントからのオファー

 

スカウト登録をしておくだけで企業やリクナビNEXTと提携している転職エージェントからオファーが届きます。

 

オファーメールをきっかけに転職先が決まる人も多く、仕事が忙しくて時間がない人でも、スカウトメールを待つだけで効率よく気軽に転職活動を行えるのが強みだと言えます。

 

意外な求人に出会えたり、新しい求人を知れることがリクナビNEXTの魅力なのです。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

転職がめんどくさい時はどうすればいい?誰でもできる3つの解決法!

 

リクルートエージェントがおすすめな人

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの利用におすすめな人は、下記のような方です。

 

おすすめな人

  • 自分の将来のキャリアに悩んでいる
  • 履歴書や職務経歴書の作成や面接が不安
  • いろんな情報や第三者の意見をききたい
  • 非公開求人を見て視野をひろげたい
  • 在職中、転職活動する時間がない

 

上記のように、転職活動でキャリアについての相談や不安な方や、応募書類のアドバイスなど素直に受け入れることができる人は、リクルートエージェントの利用に向いています。

 

業界の特有の情報や市場に詳しいキャリアアドバイザーから意見を取り入れることは、必ず転職活動で活きてきます。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

また、求人を紹介されても、必ず応募しないといけないわけではないので、たくさんの求人を紹介されても、最終的にそこから応募するかは求職者の判断で決められます。

 

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント

 

リクルートエージェントの登録者は、25歳〜35歳の利用者が80%と占めます。

 

リクルートエージェントの特徴

  • キャリアアドバイザーから業界独自の情報が聞ける
  • 業界最大級の求人数からあなたに合った求人が見つかる
  • 転職の総合的なサポート、アドバイスをもらえる

 

保有している求人の80%が非公開求人のため、自分にあった企業に出会える可能性も高く、求人チェックだけでも利用する人も。

 

たくさん求人をみて選びたい人にはおすすめのエージェントです。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントの悪い点

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの悪い点

  • リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月間なのでスピード感が必要
  • キャリアアドバイザーとの相性が合わないことも

 

リクルートエージェントのキャリアドバイザーは、マンツーマンの対応だと感じるかもしれませんが、数十人の転職活動のサポートを行っているため、レスポンスが遅れたり、対応が雑なこともあります。

 

また、キャリアアドバイザーとの相性が悪いとスムーズにいかないケースや効果的なアドバイスがもらえないこともあります。

 

その場合は、担当者の変更を申し出ることや、他の転職エージェントを検討することも考えましょう。

 

また、サポート期間は3か月間と決まっているため、ある程度、スピーディになることが求められます。

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

リクナビNEXTがおすすめな人

 

リクナビNEXTの利用におすすめな人は、下記のような方です。

 

おすすめな人

  • 応募する企業が決まっている。
  • 既にやりたい道がはっきりしていて自分なりの転職活動をする
  • 自らの手で求人を検索したい
  • こだわり条件の検索を利用したい
  • スカウト登録をして、企業からのオファーも利用したい

 

上記のように、自分のペースで求人を探したい人や、スカウト機能を効率よく活用したい人など、マイペースに進めたいなら、リクナビNEXTの利用に向いています。

 

自ら、求人を探して、積極的に応募して転職活動を進めるのがポイントとなります。

 

WEB上にある、独自のWEBコンテンツも役立つ情報が満載で、他にも、スカウト登録をすることで、求人も検索しながら企業や転職エージェントに掲載している企業からもオファーが届きます。

 

リクナビNEXTも無料なので、上記の点に当てはまる人はぜひ、利用してみましょう。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXTの特徴

 

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用しているとされ、その会員数は約780万人となります。

 

大手企業のリクルートが運営しているということもあり、知名度は抜群。

 

”転職先と出会えたサイトNo,1”や”おすすめしたい転職サイトNo,1”にも選ばれている実績のある転職サイトです。

 

リクナビNEXTの特徴

  • AIによる求人自動マッチング機能
  • 細かな条件検索から自分の要望にマッチした求人を探せる
  • 企業からスカウトオファーが届く

 

サービス面では、AIによる自動マッチング機能があるため、自分の探している求人に近い案件をお知らせしてくれます。

 

つまり、「残業が少ない」や「年間休日120以上」で条件として探していれば、その条件に近しい求人を見つけやすくしてくれるのです。

また、最大の特徴ともいえるのが、企業側から逆にアプローチされる「スカウト機能」。

 

積極的に応募することもできて、待ちの転職活動もできるのが、リクナビNEXTの良い点ともいえます。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXTの悪い点

 

リクナビNEXTの悪い点とすれば、下記の点が挙げられます。

 

  • 転職に関わる疑問や悩みの相談ができない
  • 全て自分で転職の準備を進める必要がある
  • 地方での転職になると希望条件の求人数が減る
  • 見当違いなスカウトメールが来る

 

キャリア相談ができないというのは、リクナビNEXTに限らず、他の転職サイトも同じなので不安な場合は、転職エージェントを利用すれば解消できると思います。

 

また、自分で転職活動をすべて準備していくという点では、良くも悪くも自主性、積極性が必要なのがポイントとなります。

 

デメリットを払拭できない点としては、「地方の求人数」です。

 

例えば、関東の求人が20,000件あるのに対して、中国・四国の求人では、3,000件ほどでかなりの求人の差があります。

 

つまり、求人数は少ないため希望の条件を見つけにくくなるのです。そのような場合は、地方向けの転職エージェント「四国転職ネット」など地元密着の転職サイトを活用するのがおすすめです。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い|併用したほうがいい?

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いが「サービス内容が違うこと」を説明しました。

 

転職エージェントと転職サイトはサービスの特性が違うので、どちらの使ったほうがいいというのはありません。

 

併用するべきかは、転職活動で”あなたが必要とする”かという点が基準になるのです。

 

違い

リクルートエージェント=転職エージェント

圧倒的な求人数と転職のトータル的なサポートが受けられる分、活用したほうが転職活動の効率性は上がります。

履歴書や職務経歴書の作成、面接などが不安な方や、初めての転職の方にはおすすめと言えます。

リクナビNEXT=転職サイト

転職サイトで自分の好みの求人が出るまで探したり、企業からのオファーを待ったりするのがマイペースに進めたい人にはぴったりです。

「いい求人が見つかれば転職したい」といった希望の条件を限定して長期での転職活動を見据えている方にはおすすめです。

あなたの条件や希望に合わせて、「向いている」と感じたとき利用してくのがいいです。

 

もちろん、それぞれのサービスの強みを活かして、併用するという方法もありますが、あなたなりの転職活動の方法があるのなら、どちらも登録しなくてもいいと考えています。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

転職エージェントは登録だけでもいいの?会社にバレない活用法を解説

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

おすすめの転職エージェント

【総合型エージェント】

マイナビエージェント
20代~30代まで若手に強い!中小企業に特化、独占求人も豊富
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

dodaエージェント
業界2位の求人数!面接サポート充実!
【公式サイト】https://doda.jp

リクルートエージェント
約30万件!業界No,1の圧倒的求人数!
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

パソナキャリア
サポートの手厚さNo,1エージェント!
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

【20代専門の転職エージェント】

マイナビジョブ20’s
20代に特化した就職エージェント
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

第二新卒エージェントneo
20代限定エージェント!最短10日で内定獲得実績!
【公式サイト】https://www.daini-agent.jp/

ウズキャリ(UZUZ)
20代を積極採用している企業多数!10代~20代専門エージェント!

【公式サイト】https://daini2.co.jp/uzuz-service-introduction/

Reフレッシュ転職
20代未経験に特化したエージェント!転職で5万円の祝い金!
【公式サイト】https://refresh-tensyoku.com/

ハタラクティブ
社会人経験ゼロやフリーターの方向け!
【公式サイト】https://hataractive.jp/

DYM就職
第二新卒、既卒の転職に強い!優良求人2,000社以上!
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

就職shop
書類選考なしで面接できる求人のみ!未経験者が対象!
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

【IT・Webエンジニア専門の転職エージェント】

レバテックキャリア
ITエンジニア、デザイナー専門!厳選された5,000件の求人

【公式サイト】https://levtech.jp/

GeekOut
IT・webエンジニア向けの求人フィード型転職サイト
【公式サイト】https://geek-out.jp/

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

人気記事
リクルートエージェントに登録してみた|手順を41枚の画像で説明します。

リクルートエージェントが使えないと感じる理由!即行動すべき3つのStepを紹介

 

そらキャリア

-20代おすすめ転職エージェント

© 2020 そらキャリア