転職ノウハウ

即採用が危険なワケ!採用される人と採用されない人の違いとは?

 

転職を考えているけど、採用してもらえるかなぁ

企業に採用される人の条件が知りたい。

 

このような疑問を感じている人がいるのではないでしょうか。

 

この記事をみれば、どんな人が採用されるのかがわかり、転職活動がよりスムーズになることでしょう。

 

※更新情報 (2020年9月3日)
登録は0円。”書類選考がない”の求人をあつめる転職エージェントで近道

最近は、書類選考をしないで、人物重視の採用がおおくなっています。
フリーターや転職が不安な20代、早く就職したい人は、就職Shopが、いいかもしれません。
就職shopは、”書類選考なし”で面接へすすめるので、これを使ってどんな求人があるのか聞いてみるのもありですね。

就職Shopの無料登録はコチラ

 

採用される人とは?

採用される人は、危機感や意識が高いです。

 

つまり、

・目標が明確で積極的

・入念な準備をしている

 

このような人は、採用されやすいです。

 

 

目標が明確で積極的

採用されやすい人は、目標設定が明確で積極的な傾向があります。

 

具体的にどんな人?

・転職する期間を設定してと「いつまでに転職を終える」というスケジュールを組んでいる。

・また、求人サイトもスキマ時間を見つけて、朝の通勤時間や深夜まで見ていたりします。

・そして、自分の希望にマッチした企業だと思えば、躊躇せず積極的に応募をしているのです。

 

入念な準備をしている

採用されやすい人は、事前準備を怠らないです。

 

「内定をもらう」という強い気持ちを持ち、準備には入念だと自信がつくから。

 

・履歴書や職務経歴書を見直し

・面接で質問される想定の質問の準備(志望動機や自己PR等)

 

採用される人は細かい点まで注意を払っているのです。

 

『これだけやってきたんだ!』というくらい準備をすることが、自信へと変わるのです。

 

即採用されるときの注意点

 

面接をしていると、こんなシーンがあります。

 

『いつから働けますか?』

 

このように、すぐにその場で採用されるケースがあります。

 

即採用されたら素直に喜んでいいものなのか、逆に不安に思うことってありませんか?

 

そこで、企業側にはどんな背景があるのでしょうか。

良い形で即採用される人

・企業側の採用ターゲットとマッチしていて他の企業に行ってほしくない。

シンプルに、採用ターゲットに合った貴重な人材だと思ってくれているケースの場合です。

×悪い形で即採用される人

・採用数を集めて、そこから様子を見たい

・労働条件が悪いブラック企業で定着しないためすぐに人が欲しい

この場合、採用後の労働条件が異なっていたり、聞いていた話と違う!というケースはあとから全て気づくものが多いです。

 

面接時の雰囲気や、働いている人等、可能な限り情報収集して必ず雇用契約書を確認するようにしましょう。

 

ちなみに、雇用契約書が書面で出せない場合はかなり危険なので注意してください。

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

採用されない人とは?

採用されるひととされない人の決定的な違いは、意識の違いです。

 

・消極的で自信がない

・転職に対して強い意識がない

 

どんな特徴があるのか次で見ていきます。

 

消極的で自信がない

採用されない人は、消極的で自信がない人。

 

『自分に合う企業って見つかるかなぁ』など嘆いてませんか。

 

このような人は、転職活動していても、採用されにくいです。

 

なぜなら、応募先企業に上手く具合にアピールが出来ずに不完全燃焼で面接を終えるケースがあるから。

 

それゆえ、自信がない為、面接官にそれが伝わりいい印象を持たれにくくなります。

 

転職したいという強い意識がない

 

採用されない人は、そもそも転職したい意欲が薄いです。

 

もっと細かくみると

 

・自分から積極的に動こうとしない

・転職できなければフリーターや派遣でもいい

・転職支援を受ければ何とかしてもらえると人任せの人

 

このアルバイトでもいいと諦めムードは、転職に対して強い意識がないのです。

 

採用される人になるには?

採用されるためにどれだけ真剣に転職をしたいと考えているのか重要です。

 

そこで、どんな取り組みをしたらよいのか下記の2つの視点で見ていきます。

・採用される人は「自信」をつける

・採用される人は「熱意」を伝える

 

採用される人は「自信」をつける

採用されやすい人の特徴として「自信」があります。

 

自信があるというのは、ただ単に自信を持てばいいわけではありません。

 

繰り返しになりますが、入念な準備をすることで自信がつくのです。

 

面接時に、自分の意見や考え方をしっかりと自信を持って答えることで、面接官にいい印象をもってくれるでしょう。

 

採用される人は、「熱意」を伝える

採用される人は、「ゼッタイ御社に入社したい」という意思をはっきり表現します。

 

具体的な働くイメージをアピールして「熱意」こそが採用に直結するのです。

 

熱意は、声や、顔の表情などから真剣さがひしひしと伝わるもの。

 

「うちの会社じゃないダメなんだな」と感じてもらえれば面接官も、採用したくなるのです。

 

採用される人と採用されない人の違い【まとめ】

 

採用されやすい人

・目標が明確に設定されていて積極的

・入念な準備をしている。

特に20代では、実務スキル以上に働くポテンシャルを評価される傾向があります。

そのため転職に対するキャリアプランを明確にして熱意をもって臨むことです。

採用されない人

・消極的で自信がない

・転職に対して強い意識がない

面接官からすれば「この企業だからこそ働きたい!」という熱意や強い意識が感じない=採用を出す理由が見つけることができません。

 

採用される人になるための近道

 

効率よい転職活動をするためには『他人の力を借りる』ことです。

 

  • 最後にひとつだけ

 

今、時間があるなら「リクナビNEXT」という転職サイトだけはチェックしといた方がいいかもです。

リクナビNEXT」は、転職している8割のユーザーが登録しているようです。
希望の条件を登録しとけば、スカウトメールで求人を探さす手間がなくなるので、とりあえず試してみるのも良いかなと思います。

リクナビNEXTの無料登録はコチラ

※更新情報 (2020年9月3日)
登録は0円。”書類選考がない”の求人をあつめる転職エージェントで近道

最近は、書類選考をしないで、人物重視の採用がおおくなっています。
フリーターや転職が不安な20代、早く就職したい人は、「就職Shop」が、いいかもしれません。
「就職shop」は、”書類選考なし”で面接へすすめるので、これを使ってどんな求人があるのか聞いてみるのもありですね。

就職Shopの無料登録はコチラ

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

-転職ノウハウ

© 2020 そらキャリア