転職・キャリア

意外と知らない転職の正しい進め方!準備~内定・退職まで4つのステップ

 

『転職ってどんなことから始めたらいい?』
『転職の進め方がわからない!』
転職で失敗したくない!

 

上記のように、転職の進め方に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

本ページでは、効率よく転職を進めるために4つのステップで紹介します。

 

このページを見れば不安や悩みがなくなり、スムーズに転職ができると思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

転職の進め方【スケジュール】

 

転職活動の進め方は、人それぞれです。

 

一般的な転職活動の流れになりますので初めての方は、ぜひ参考にしてください。

 

転職のスケジュール

  1. 転職活動の準備・自己分析
  2. 情報収集
  3. 履歴書と職務経歴書の作成
  4. 転職サイト・転職エージェント登録
  5. 求人探し・面接対策
  6. 内定・退職・業務の引き継ぎ

 

転職の進め方【ステップ1】

 

転職するうで、最初にやることは「転職活動の事前準備」と「自己分析」です。

 

自己分析の期間は約1~3日間を目安に準備しましょう。

 

転職活動の準備

 

転職活動する前に用意するものがいくつかあります。

 

必要なモノ

  • スーツの準備
  • 交通費
  • 履歴書や職務経歴書、証明写真
  • その他

 

スーツ

面接などの企業に訪問に行く際は、紺や黒などの落ち着いたスーツの色が基本です。
ご自身の体系にあったスーツを選んで身なりを十分に整えて臨みたいところ。

交通費

面接や説明会など企業への訪問は、当然交通費がかかります。
遠方など行く機会も考えて資金面は余裕をもっておきましょう。

履歴書や証明写真

履歴書は、100円SHOP購入可。
また、履歴書や職務経歴書もネットで検索したらフォーマットを無料でダウンロードできます。
証明写真はアプリでも撮影できますので良かったら試してみてください。

その他 備品

履歴書作成するときに、ハサミやのり、ボールペンなど転職活動に、必要な備品などは揃えておきましょう。

 

自己分析

 

自己分析の意味は、『自分が将来的にどのような仕事で働いて生きていきたいか目標をはっきりさせる』ために行うもの。

 

その軸をベースに転職の方向性を決めます。

 

それでは、どんな視点で自己分析したらいいのか解説します。

 

自己分析の視点

  • 今回の転職で叶えたいことのは何ですか?
  • なぜ、転職したいのか、転職理由は?
  • 転職で、譲れないところは? こだわりは?
  • 自分が転職を希望している業界や職種が決まっていれば、その理由は?
  • 自分の強み、長所、短所は?そのエピソードはあるか?

 

この5つの視点を整理して、まずは考えてください。

 

にこだわりたいのか見えてきたら、理由明確をはっきりさせて一つ一つに優先順位を付けてみる。

例えば

1位 残業が少ない。
2位 休みが多い。
3位 土日休みがいい。
4位 人間関係がいいところがいい。
5位 給料を今より上げたい。
6位 行きたい業界、やりたい仕事がある。等

 

上記のようになれば、「プライベートと仕事を両立したい」というのが分かります。

 

転職活動を進めていく時には、「なぜ転職したいのか」「こだわるポイント」を整理すると、求人探すときや、面接時に軸がぶれない済みます。

 

つまり、5つの視点を抑えとけば、失敗しない転職につながるのです。

 

情報収集

 

転職で叶えたい方向性が決まれば、情報収集です。

 

転職したい自分が希望する「業界」や「職種」に関する情報を収集しましょう。

 

業種

・仕事内容は自分が想像しているイメージと同じか?
・キャリアアップの方法?
・職種の採用動向は?
・希望職種に資格やスキルが必要なのか?

 

業界

・業界の規模は?
・採用のマーケットはどんな状況?チャンスはある?
・業界の動きや話題性のある出来事は?
・業界の新しいモノやサービスなどのトレンド情報は?

 

最低限この8つは、自分なりに調べて把握しとくことが大切です。

 

やみくもに動くよりかは、自分のためと思ってアプリのニュースなどで調べられるので、チェックしときましょう。

 

業種、業界のことを知ってた方がこれからの社会人生活で生きるはずです。

 

転職の進め方【ステップ2】

 

次のステップは、履歴書と職務経歴書の作成です。

 

悩むところとして、やはり、自己PRと志望動機ではないでしょうか。

 

どんなところを意識して作成すればいいのかなぁ。

 

ここでポイントなのは、何をアピールするかまとめておく必要があります。

 

履歴書・職務経歴書の作成

 

自己PRと志望動機は、それぞれ自分を採用するメリットを端的にシンプルに伝えることが大事です。

 

繰り返しますが、何をアピールするか一つにまとめておくこと。

 

自己PR

  • 仕事に生かせる、自分の強み・長所から考える
  • 企業側にとってメリットの要素を盛り込む

志望動機

  • 転職理由から考える
  • その会社じゃないといけない理由を加える

※それぞれ二つの要素がつながるようにする。

 

自分で伝えたいことをしっかり把握しとくことがポイントです。

 

なかなかしっかりと時間をかけて作りこむのが難しい人は、完成度60点、70点の出来栄えの感覚でOK。

 

そのような方には転職エージェントから第三者の視点でアドバイスをもらうことがおすすめです。

 

履歴書や職務経歴書を添削してくれて魅力的なアピール方法について助けてくれます。

 

転職の進め方【ステップ3】

 

ここからは、いよいよ求人探しをしていく段階です。

 

ここでは転職サイトと転職エージェントを複数登録しときましょう。

 

転職のプロは、人の力を借りれば効率よく転職活動を行うことができます。

 

とはいっても・・・

何個も登録するのは正直めんどくさい。なんで1社じゃダメなの?

理由は3つ

  • サイト毎に募集求人がちがうため。
  • エージェントによって独占している求人があるため。
  • 様々な業界や業種などマーケット情報が聞くため。

 

それでは、いくつ登録するのがいいのか説明します。

 

転職サイト・転職エージェントに登録

 

では、何社登録がおすすめなのか。

 

転職サイト

2社~3社がおすすめ

なぜなら、これ以上登録しすぎるとスケジュールや求人を管理するのが大変でめんどくさいからです。

 

転職エージェント

2社がおすすめ

効率のいい進め方は、2社登録してフィーリングの合う1社にサポートをしてもらうことです。

 

在職中の方の中には、忙しくて自分で情報収集したり、履歴書を自分つくる時間がない人もいると思います。

 

結局思うように転職活動が進まず、ダラダラと時間だけが経ってしまったというケースはよくあること。

 

その為、早い段階から転職エージェントに登録して相談するのがおすすめです。

 

転職エージェントのサポート内容

  • やりたいこと方向性などのアドバイス(転職の相談やノウハウ共有)
  • 条件にマッチした求人の紹介
  • 非公開求人のご案内
  • エントリーシートや履歴書の作成・添削
  • 面接対策
  • 内定のあとの企業への回答期限の交渉
  • 希望があれば年収の交渉など

 

求人票では知ることのできない情報も教えてくれることは最大のメリットともいえるでしょう。

 

転職のプロからアドバイスを得ることで書類選考や面接の通過率がアップして、内定の確率がグッと上がるはずです。

 

負担にならないように、「20代・30代に強いおすすめの転職エージェント」をまとめたページもありますので是非参考にしてください。

 

 

求人探し

 

準備が整ったら、いよいよ本格的に転職活動のスタートです。

 

これからが本当の勝負。求人を探しながら、気になった企業にエントリーしていきます。

 

転職サイトは、自ら検索して求人を探していきます。

転職エージェントでは、転職の目的や希望する業界、職種などの条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。

 

そこで、気になる求人がいくつかあるとこんな疑問が出てきます。

 

どれくらい応募すればいいの?平均応募数は?

 

転職が決まるまでに何社に応募したかというデータがあります。

出所:リクナビNEXT

 

「5年以内に転職した20代~30代 正社員 男女1000名」の転職成功者に対して、企業への応募数を調査したものです。

 

このデータから1社内定をゲットするのに、平均7社~8社を目安に応募するのが良さそうです。

 

面接対策

 

面接対策ってどんなことすればいい?

 

このように、何をすればいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

カンタンにできる面接対策を説明します。

 

面接対策

step
1
想定される質問を洗い出す。転職理由、志望動機、自己PR等。

step
2
答える内容を大まかにパターン化する。

step
3
質問に対して、要点で話す練習をする

※丸暗記はNG。緊張で喋る内容が飛んだり、不自然な話し方になります。

 

これによって、ある程度話せるようになります。

 

丸暗記しないことで、途中でつっかえたりせずに、自分の言葉で話せるようになります。

 

ここでのポイントは、質問に対して、要点を落とし込んである程度パターン化することです。

 

また、転職エージェントでは、応募先を想定した個別の面接対策などのフォローもしていたりしますので希望者は相談してみるのもいいでしょう。

 

転職の進め方【ステップ4】

 

見事に内定をゲットしてもまだ、転職活動は終わりではありません。

 

入社する意思が固まれば最後に退職の手続きや引継ぎの作業があります。

 

内定後にやること

  • 選考途中の会社への連絡
  • 退職の手続きや引継ぎ作業

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

選考途中の会社への連絡

 

内定をもらった後に、選考途中の企業があれば一旦、志望度の高い企業など考えて整理しましょう。

 

選考中企業の対応

・選考中の企業に次に進むか辞退するかの連絡が必要

・入社承諾の返答する前に労働条件の確認

 

もし、他の会社の選考に進む際は、内定した会社に入社可否の連絡をどれくらい待てるのか確認が必要になります。

 

おおよそ、待てて1週間が目安となります。

 

また、内定した企業が転職エージェント経由の場合は、内定返答の交渉をしてくれるケースもあります。

 

今後の人生のキャリアを決めることです。

 

したがって、本当にこの会社でいいのか条件等を確認して慎重に判断しましょう。

 

退職の手続き・引継ぎ作業

 

ポイント

・職場に退職の意思を伝える

・退職するための提出書類の用意

・引継ぎ作業の準備

 

引き継ぎ作業ができていないと、職場でのトラブルになったり有給消化を取得できなかったり弊害が起きる可能性があります。

 

最低限のビジネスマナーを守って、最終出勤日までしっかり業務を全うしましょう。

 

転職の進め方【まとめ】

 

転職活動はやるべきことがたくさんあって大変なのがわかります。

 

それでも、今の不満や不安のままキャリアをムダにするくらいなら、覚悟を決めて進むしかないのです。

 

最後に、「おすすめの転職エージェントを」ご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

おすすめの転職エージェント

【総合型エージェント】

dodaエージェント
業界2位の求人数!面接サポート充実!
【公式サイト】https://doda.jp

リクルートエージェント
約30万件!業界No,1の圧倒的求人数!
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

パソナキャリア
サポートの手厚さNo,1エージェント!
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

【20代専門の転職エージェント】

第二新卒エージェントneo
20代限定エージェント!最短10日で内定獲得実績!
【公式サイト】https://www.daini-agent.jp/

ウズキャリ(UZUZ)
20代を積極採用している企業多数!10代~20代専門エージェント!

【公式サイト】https://daini2.co.jp/uzuz-service-introduction/

Reフレッシュ転職
20代未経験に特化したエージェント!転職で5万円の祝い金!
【公式サイト】https://refresh-tensyoku.com/

ハタラクティブ
社会人経験ゼロやフリーターの方向け!
【公式サイト】https://hataractive.jp/

DYM就職
第二新卒、既卒の転職に強い!優良求人2,000社以上!
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

就職shop
書類選考なしで面接できる求人のみ!未経験者が対象!
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

【IT・Webエンジニア専門の転職エージェント】

レバテックキャリア
ITエンジニア、デザイナー専門!厳選された5,000件の求人

【公式サイト】https://levtech.jp/

GeekOut
IT・webエンジニア向けの求人フィード型転職サイト
【公式サイト】https://geek-out.jp/

-転職・キャリア

Copyright© Soraki Magazine , 2020 All Rights Reserved.