転職ノウハウ

転職がめんどくさい時はどうすればいい?誰でもできる3つの解決法!

「転職するのがめんどくさくて前に進まない。」

「履歴書とか作成がめんどくさいから、できればしたくない。」

 

このような悩みについて解決します。  

この記事の内容

  • なぜ転職がめんどくさいのか理由10選
  • 転職がめんどくさい時の3つの対策
  • めんどくさい人におすすめの転職サイト3選

 

筆者の経歴

  • 人材業界5年。
    「企業の採用コンサルタント業務」や「人事担当者」として採用に関わる職務を経験。
  • 3回の転職を経験
    あらゆる転職サイト&転職エージェントを活用して現在は、納得のできるキャリアを築いています。

 

私、自身も転職がめんどくさくて、だらだらと転職できずにいた時期もありました。  

 

そんな経験から、対策をまとめています。   是非、参考にしてください。  

 

試用期間中に退職はできる?即日退職できない?辞めたい理由はこう伝える!

入社してすぐ辞める時の6つの退職理由!ぶっちゃけ短期離職は転職はできる?

 

転職がめんどくさい理由

 

私の3回の転職経験をしましたが、なぜめんどくさかったのか。今になって思うことは、たった一つ。

 

  ”転職をすることで必ず成功するという約束ができないから”   必ず成功するのであれば、どんなにめんどくさくても転職活動をやると思います。  

 

そのうえ、なによりも転職するという行為にはやるべきことがたくさんあるためパワーがいります。  

 

どんなことがめんどくさいと思うのか大きく4つにわけました。

 

  • 準備が多くてめんどくさい
  • 時間や労力を使うのがめんどくさい
  • 転職活動中の環境変化がめんどくさい
  • 内定後もめんどくさい

 

一つずつ詳しく説明します。  

 

転職するか迷う人が知っておくべき3つの判断基準!【転職3回の経験談】

 

転職の準備が多くてめんどくさい

 

転職活動をするのにも、事前の準備が必要でやることが多いです。  

 

どのような準備があるのか解説します。

 

転職するための準備

  • 応募書類作成がめんどくさい
  • 自己分析がめんどくさい
  • 面接対策がめんどくさい
  • 転職先の評判や口コミを調べるのがめんどくさい
 

 

しっかりとした準備をすることで転職が成功する!というよりは、スムーズかつ優位に立つことができるのは事実です。  

 

応募書類作成がめんどくさい

 

  • 履歴書
  • 職務経歴書

この2点の書類作成が必ず必要になります。  

 

まず最初の難問は、『履歴書』と『職務経歴書』の提出。   これが一番めんどくさい。書くボリュームがあって大変。

 

履歴書は、アルバイトなどでも利用したことがあるのでイメージが付きそうですが、職務経歴書ってどんな書類か知っていますか。

 

あなたがこれまでしてきた仕事やこれまでの歩んだ経歴を採用担当者にわかりやすく伝えるための応募書類です。

職種別タイプ

 

一見、履歴書と似ている?と思うかもしれませんが、実は、自分を売り込むための重要な書類なのです。  

 

主に見られているポイントはこちら

  • 企業で活かせるスキルがあるか
  • 自分自身の強みを理解しているか
  • 仕事に対する意欲があるか
  • 転職する理由や志望動機

 

大事なのは、自分をどのようにアピールをするかですが考えるのがめんどくさいですよね。

 

自己分析がめんどくさい

 

自己分析ってめんどくさいってめんどくさいですよね。

 

なぜ、めんどくさくなるのかは、自己分析の”仕方”がわからないからです。

 

理由はこの4つでまとめました。

 

自己分析がめんどくさい理由

  • 自己分析の方法がわからない
  • 自己分析してからどう生かすかわからない
  • 自己分析には時間がかかる
  • 言葉に書き出すのがめんどくさい

 

https://twitter.com/mucho/status/1288139192?s=21

 

リクナビNEXT」と「マイナビジョブ20's」、「ミイダス」では、無料でできる適正性格診断などができるサービスがありますのでぜひ参考にしてください。

 

 

面接対策がめんどくさい

 

転職を実現するためには、避けては通れない”面接”。

 

書類選考完結型の採用があればいいのですが、コネでもない限りそのような企業はありません。

 

面接対策がめんどくさい理由

  • 応募書類の内容を覚える
  • 想定質問に対して回答準備
  • 企業への質問準備
  • 模擬面接をやる

 

面接が必ずあるので、この対策をするのがめんどくさいと感じる人が多いようです。

 

 

 

 

転職先の評判や口コミを調べるのがめんどくさい

 

転職を失敗しないために、意外と重要なのは、その企業の評判や口コミです。

 

仮に、応募する企業や内定先が長時間労働や、サービス残業が当たり前のブラック企業だったら転職失敗ですよね。

 

未然に防げるのであれば、その情報がほしいと思います。  

 

企業の口コミなら転職会議がおすすめ。

 

転職会議ってどんなサイト?

国内最大級の300万件以上の転職口コミ情報を掲載しています。

実際に働いていた元社員、現在働いている社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見れるサイトです。

会員数は700万人以上で、転職系サービスとしては日本最大級の会員数。日本中の企業の口コミが集まっています。

 

転職会議
公式サイト:https://jobtalk.jp/  

 

転職に時間や労力をかけるのがめんどくさい

 

転職活動は、仕事の合間やプライベート時間を使ってやらないといけないのでめんどくさいですよね。

 

転職にかける時間と労力

  • 転職活動に必要な時間は1日1時間
  • 転職にかかる期間は3か月~6か月
  • 転職活動の費用がかかりお金の管理がめんどくさい
 

 

順番に説明していきます。  

 

転職活動に必要な時間は”1日1時間”

転職活動にかける時間は、最低限、1日1時間程度は、必要な時間の目安となります。

 

毎日、1時間は、求人情報を探したり、企業を調べたり、面接準備や応募書類の作成、見直しなどの時間に使います。

 

また、選考が進んでいたら面接にもいかないとならないため、休みの日やプライベートの時間を割いて転職活動をするのはめんどくさいと思う人が多いようです。

 

転職にかかる期間は3か月~6か月

エンジャパン「転職活動期間に関する調査」

上記のデータ

エン転職コンサルタントに伺ったところ、担当した求職者のうち、転職がきまるまでどのくらいの期間を要する方が多かったか?

 

 

この結果からわかるのは、転職活動期間は、75%が3ヶ月以内に転職を終えているのがわかります。  

 

さらに、求職者の年代ごとに、転職が決まるまでどのぐらいの期間を要する方が多かったか?   これにについては以下の通りです。

エンジャパン「転職活動期間による調査」

 

このように、転職活動にかかる期間は3か月がもっとも多く、ほとんどの人が半年以内という結果に。

 

転職に3か月程度は、かかってしまう上に、長期化するリスクもありめんどくさく感じますね。

 

転職活動の費用がかかりお金の管理がめんどくさい

 

転職活動にかかる期間が3か月前後かかるため、離職中の方は貯金を切り崩さないと厳しいのではないかと思います。

 

  • 交通費
  • 遠方の場合の宿泊費
  • 移動先でのご飯
  • 時間調整のために入ったカフェ代など
  • スーツ、靴、バッグなど(面接のときの身だしなみ)
  • 履歴書、コピー、切手代
  • 転職や企業に関する本など

 

そして、転職活動でかかるお金としてダントツにあがるのは、「交通費」と「スーツ代」。

 

実際、転職活動ではどれくらいかかるのでしょうか。  

転職活動に必要な費用は「10万円未満」が7割というのがこのデータで分かります。

 

経済面をお金がかさみ、転職活動には上手な資金繰りがめんどくさいようです。

 

転職活動中の環境変化がめんどくさい

 

転職活動中は、環境の変化に慣れたりが気を付ける場面もあり、めんどくさいです。

 

環境対応がめんどくさい

  • 会社にバレずに転職活動をするのがめんどくさい
  • 不採用の時がつらい
  • 転職するより今のほうがラク
 

 

在職中の場合は、特に気を遣う場面があるので  一つずつ解説していきます。

 

会社にバレずに転職活動をするのがめんどくさい

 

転職活動をしているのが周りにバレないように動くのがめんどくさいです。

 

めんどくさい理由としては、以下のことを気を付ける必要があるから。

 

在職中に気を付けること

  • 職場で口にしない
  • 休日に転職活動をする
  • 有給やシフト制なら休みの取り方
  • カジュアルスタイルで働いている人は社外で着替える
  • 普段通りを心がける

 

会社にバレないためにざっと、在職中の方に共通して言えることはこの辺りではないでしょうか。

 

ちなみに、会社に転職活動でバレる方は、「相談した同僚からバレる」「電話対応でバレる」「休む頻度でバレる」この3つが多い気がします。  

 

不採用のときが辛い

 

面接に行く前に、書類選考で落とされてしまうケースはかなり落ち込みますよね。

 

お祈りメールの不採用が立て続けに起こると、自分を否定された気持ちになるのでメンタル的にもめんどくさいのです。

 

 

しかし、基本的には深く考えずにそこまで気にする必要はありません。

 

転職の神様が「アナタにはもっといいところあるよ!」と行かないほうがいいと判断して”ご縁”がなかっただけです。

 

落ち込まずに気分転換にやりたいことをしたり、すぐ開き直るようにしましょう。

 

転職するより今のほうがラク

 

現状に不満はあるが、ぶっちゃけ今のままがラクという考えがあります。

 

なぜ今のままがラク?

転職したい!という気持ちより”めんどくさい”が上回っている状況がある

→なぜなら人間は、現状維持の方がラクと感じてしまう生き物だから。

人間の脳の性質上、変わることに抵抗もっているのです。

 

結局、心のどこかでは、転職したいという気持ちがあっても今のままの環境がいいかなと、思ってしまう。

 

この背景には、はっきりと自分が思い描く理想の未来に確信を持てなかったりします。

 

転職で内定をもらった後もめんどくさい

 

無事内定をもらって一息つきたいところですが転職活動の後半もめんどくさいことが待っています。

 

転職活動して内定後

  • 退職の手続きや引継ぎがめんどくさい
  • 転職先の人付き合いに慣れるのがめんどくさい

 

順番に解説していきます。

 

退職の手続きや引継ぎがめんどくさい

 

退職の手続きを進める前に、上司に「〇月末で退職します」と伝えないといけません。

 

これが気を遣うし、めんどくさい。

 

場合によっては、上司から引き留めに合うことがあります。

 

そして、仕事内容によっては退職後の引継ぎ作業が待っています。

 

退職するのにめんどくさい事

  • 働きながら転職するか、辞めてから転職するか
  • 建前の退職理由を考える
  • 直属の上司に伝える
  • 退職日を会社と調整
  • 退職届の作成、提出
  • 引継ぎスケジュールや引継ぎ書をまとめ
  • 業界によっては取引先にあいさつ

 

上記のようにやること多いので退職をするのはめんどうなのです。

 

転職先の人付き合いに慣れるのがめんどくさい

 

転職先での人間関係に慣れるまでがめんどくさいと感じやすく大変です。

 

 

 

転職後慣れるまでの期間は約1か月程度と言われています。

 

dodaの調査では、職場に溶け込めた人と職場に溶け込めなかった人の特徴があったので紹介します。

 

職場に溶け込めた人の傾向として、仕事ができるかよりも、職場に溶け込もうという姿勢がみられるか大切なようです。

 

転職がめんどくさい時の3つの対策

 

転職がめんどくさい場合の3つの対策をご紹介します。

 

めんどくさい時の3つの対策

  • めんどくさい理由となぜ転職したいか考える
  • 転職サイトの求人を見る
  • 転職エージェントに登録して後押ししてもらう
 

 

めんどくさい理由となぜ転職したいか考える

 

対策として、めんどくさい理由を洗い出してなにが一番めんどくさいのかスマホに書き出してみることをおすすめします。

 

整理することで、頭の中がすっきりして最優先に準備することが見えてくるから。

 

仮に、履歴書や職務経歴書の作成がめんどくさいなら、その部分で注力して取り組んでみましょう。

 

 

 

めんどくさくても転職サイトの求人を見る

 

矛盾しているように聞こえますが、転職サイトをぼんやりとみることがポイント。

 

最初は、転職サイトを登録して求人をぼんやり見てください。

なぜなら、たくさんの求人をみていると『今よりもっと良い環境で働く未来を強く想像できる』からです。

 

つまり、めんどくさいという気持ちから転職するモチベーションをUPすることができるのです。

 

私は、3回の転職経験がありますが、実際にスキマ時間に徹底して求人を見ていました。

 

実際に行っていた簡単な方法を紹介します。

 

リマインダーを使って求人を見る

 

『リマインダー』って知っていますか?

 

リマインドは、 「思い出させる」「思い起こさせる」といった意味です。

 

求人を見るのがめんどくさい時は、リマインダ―をセットして強制的に求人を見る仕組みを作るのです。

 

そうすることで、設定した時間にメールのように通知がきます。

 

リマインダー方法

・スマホでリマインダ―セット ・スマホ機能にある、リマインダーアプリで、『求人を探す』をセットする。

・毎朝、毎晩、余裕のあるスキマ時間に『通知』で知らせる。

 

通知機能(リマインダー)を、活用して求人を欠かさずみるように習慣化にします。

朝 8時~朝の通勤時間帯に新着の求人をチェック  
昼 12時~お昼休みの20分だけチェック  
夜 20時~帰宅後の落ち着く時間帯にチェック  

 

この時に、自分が気になった求人はブックマークしとくのがおすすめ

 

あとから応募する準備ができたらすぐにエントリーできる状態にするためです。

 

転職エージェントに登録して後押ししてもらう

 

転職エージェントに相談すること 他人の力や知恵を借りることがめんどくさいから抜け出す近道。

 

いい意味で『他力本願』です。私自身、転職エージェントのキャリアアドバイザーに頼りに頼って転職を成功させました!

 

おすすめの転職エージェントをまとめたページもありますので是非参考にしてください。

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

転職エージェントは数多くの転職者のサポートをしてきた実績があります。

 

転職エージェントのサポート

  • 転職の相談(やりたい方向性,アドバイス)
  • 転職ノウハウの伝授
  • 条件にマッチした求⼈情報の紹介
  • サイトに載っていない非公開求人をご案内
  • 履歴書や履歴書作成(添削)
  • 面接の対策

 

上記のように、⼀連の活動を懇切丁寧にサポートしてくれます。

 

そのため、めんどくさい時はとりあえず転職エージェントがを使ってみるのも近道かもしれません。

 

私は、キャリアの相談することでやりたい仕事がはっきりして転職に対するモチベーションも上がりました。

 

めんどくさい人にピッタリな転職サイト3選

 

ここで、転職がめんどくさい人におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

 

おすすめ3選

  • 1、リクルートエージェント
  • 2、就職Shop
  • 3、リクナビNEXT

 

リクルートエージェントと就職Shopは転職エージェントで、リクナビNEXTは転職サイトとなります。

 

それぞれ紹介します。

 

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いって?ぶっちゃけ併用すべき?

 

1、リクルートエージェント

写真:リクルートエージェント

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数・転職支援実績で日本トップを誇る、業界最大手の転職エージェント。  

 

転職サイトリクナビNEXTと連携で求人の選択肢が増えてキャリアの可能性が広がります。  

 

写真:リクルートエージェント

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

転職決定者の年齢は?

転職決定者のうち約7割は26~35歳の方が占めている

出所:リクルートエージェント

 

リクルートエージェントの特徴

  • 25歳〜35歳の利用者が80%
  • 求人数は26万件と膨大な求人数が魅力!
  • 独占した非公開求人あり
  • 転職のリクナビNEXTとも連携で併用◎
  • 求人紹介も応募手続きもすべてできる専用ページPersonal Desktop搭載
  • 求人の検索画面も見やすい。
  • 非公開求人の検索も可能。
  • アドバイザーからの新着通知機能
  • 独自に収集・分析した企業情報がきける(AGENT Report エージェントレポート)
  • 連絡事項をまとめて表示できる機能
  • 面接日時の設定、面接後のフィードバックや合否まで一連の流れをサポート  

 

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

写真:リクルートエージェント

 

ココがポイント

私は、履歴書と職務経歴書を作成するのがめんどくさかったので、60%ぐらいの仕上がりでキャリアアドバイザーに相談。

履歴書のサンプル等も見せてくれて、添削もやってもらいました。

また、強みの伝え方など、細かな修正と追記をしてもらい非常に助かったのを覚えています。

また、業界No,1転職エージェントということもあり、他と比較にならない「圧倒的な求人数」と「サービスの質」

応募書類の作成がめんどくさい方や、たくさん求人をみて選びたい人にはおすすめのエージェントです。

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

2、就職Shop

写真:就職Shop

 

就職Shop
公式サイト:https://www.ss-shop.jp/  

 

業界最大手リクルートが運営する20代向けの就職・転職支援をしている特化型エージェント。  

 

アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)方が対象です。  

 

2006年4月にサービスを始めてから、首都圏に7店舗、関⻄3店舗の合計10店舗を展開中。  

 

※就職Shop公式サイトの動画です。 

 

就職Shop
公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

 

写真:就職Shop

就職Shopの特徴

  • 求人は未経験者が対象。
  • 就職された方の7割が正社員経験1年未満。
  • ネットだけじゃわからない生の情報が聞ける。
  • 全ての求人が書類選考なし!
  • 20代の利用者が9割。
  • 累計8,500社の企業を紹介。
  • 訪問して取材した安心の求人だけ。
  • 面談店舗は主要駅近く。 首都圏(新宿・銀座・横浜・北千住・大宮・千葉・立川) 関西(大阪梅田・鳥丸・三ノ宮)

 

就職Shopがおすすめな方

・はじめて正社員になる(就職経験なし)
・正社員経験が短い
・卒業を控えた新卒の方
・第二新卒、既卒
・20代フリーター
・中卒、高卒、早期退職者

就職Shop
公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

 

写真:就職Shop

 

就職Shopおすすめポイント

20代でめんどくさいアナタにおすすめなのが就職Shop。

特徴が、全ての企業が「面接まえの書類選考をしないこと。」

すべての求人がNO書類選考で面接か。

つまり、応募書類の完成度はそこまで気にしなくて大丈夫なのです。

求人を出している企業は、経歴やスキルではなくて、直接会って”人柄”や”ポテンシャル”を重要視するところばかり。

めんどくさい人や、正社員経験がない人、就職したがすぐ辞めてしま職歴に自信がない...という人は、就職SHOPとのマッチング度はかなり高いエージェントと言えます。

就職Shop
公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

 

3、リクナビNEXT

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用しているとされ、その会員数は約780万人となります。  

 

大手企業のリクルートが運営しているということもあり、知名度は抜群。  

 

”転職先と出会えたサイトNo,1”や”おすすめしたい転職サイトNo,1”にも選ばれている実績のある転職サイトです。  

 

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

 

リクナビNEXTの特徴

  • 実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用
  • 転職先と出会えたサイトNo,1、利用満足度No,1、おすすめしたい転職サイトNo.1、使いやすいと思う転職サイトNo.1
  • AIによる求人自動マッチング機能
  • 自分にマッチした条件検索をして求人を探せる
  • 企業からスカウトオファーが届く
  • 自己分析診断ツール「グットポイント診断」で自分の強みを知れる

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

 

リクナビNEXTおすすめポイント

実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用している業界No1の転職サイトです。

めんどくさい人におすすめなのが、AIによる自動マッチング機能があるため、自分の探している求人に近い案件を教えてくれます。  

つまり、「残業が少ない」や「年間休日120以上」で条件として探していれば、

その条件に近しい求人を見つけやすくしてくれるので効率良い。

自ら応募することもできてますが、企業側から逆にアプローチされる「スカウト機能」は、めんどくさい人にとって待ちの転職活動もできるのが、リクナビNEXTの良い点ともいえます。

 

リクナビNEXT
公式サイト:https://next.rikunabi.com/

 

転職がめんどくさい人の対策|まとめ

 

めんどくさい時の3つの対策

  • めんどくさい理由となぜ転職したいか考える
  • 転職サイトの求人を見る
  • 転職エージェントに登録して後押ししてもらう
 

 

おすすめ3選

 

私は、転職活動した際は、転職サイト1社 転職エージェント2社でした。

 

なぜなら、それ以上は登録するとスケジュール管理や、求人を管理するのが大変だったから。

 

エージェントは2社登録してフィーリングの合う1社にサポートしてもらうのがおすすめ。

 

転職の正しい進め方!準備~内定・退職まで4つのステップ

 

こちらもCHECK

20代におすすめ転職エージェントのトップ3を比較!【2020年最新版】

本記事では、人材業界にいた経験から『20代に絶対役立つおすすめできる転職エージェントTOP3』を比較しながら紹介します。 転職を成功させるコツとして、より多くの転職エージェントと接点をもって、求人情報 ...

続きを見る

 

そらキャリア

 

 

-転職ノウハウ

© 2020 そらキャリア